FC2ブログ

World of Warshipsの10月の状況

以前WOWSを紹介したい際に、定期的に書くと言いながらほったらかしになりました。
クランの方々とのやりとりも多く、ついつい遊びまくってるのが現状です。

とりあえず、現状ですが、8月までのクラン戦や今月にはランク戦も終わり時々分隊出撃をしているだけです。
wows1.jpg

勝率は正直落ちてきています。Tireを9に進めた代わりに、このクラスだとまだだうまくやれなくて、カルマも消し飛びました。
wows2.jpg

日本は戦艦が天城まで来ました。駆逐は夕雲の開発まで終わっていますが、資金不足です。
wows3.jpg

アメリカは、重巡洋艦がバッファローまで進みました。軍拡と言う新しいゲームもT9から遊べます。
wows4.jpg

ソ連は殆ど進んでいないですね。
wows5.jpg

ドイツは駆逐がGaedeまで進みました。Gneisenauで最高ダメージを出したのに全然勝てないです。引きも悪いと思いますが、自分も勝ちまで引っ張れてません。
wows6.jpg

イギリスは、やっとFIJIを手に入れたのですが、めちゃくちゃ恵まれなく始まった瞬間に勝てないなと思う試合が多いです。悲しい。
wows7.jpg

フランスはあまり変わりが無いですね。
wows8.jpg

パンアジアは、Tireも低いので息抜きにやっています。
wows9.jpg

最近の状況です。勝率は一端52%超えたのに8月あたりから概ね下がっています。
wows10.jpg

艦の入手はこんな感じです。
wows11.jpg
wows12.jpg

クランの港も新しくなって、大阪の友達にも同じクランに誘って入ってもらいました。
wows13.jpg
wows14.jpg
にしてもこれだけ長く遊ぶゲームは久々ですね。

最後にグナイの最高ダメージ出したときの動画です。
スポンサーサイト

GeChic On-Lap 1102Hのレビューです。

モバイル液晶モニターで有名な「GeChic On-Lap 1102H」です。Amazonで37,800円で売られている11.6インチのモバイル液晶モニターです。メーカー名はゲシックと読むそうです。On-Lap自体はノートPCの背面に貼り付けてデュアルモニター化したりなど、結構昔からモバイルモニターを作っていますね。

cat20180924182759

箱はこんな感じの鮮やかなものでした。

中身は、モニター本体、液晶カバー兼スタンド、他に三脚マウンター、USB電源、ケーブル3本(HDMI-A — Micro HDMI、USB-A to micro-USB、miniHDMI — Micro HDMI)です。

cat20180924182815

VGAは専用端子で別売りです。(2千円くらい)

cat20180924182837

ヘッドフォン端子があります。上部にステレオスピーカーがあります。

cat20180924182855

反対面に、メニューの操作や電源ボタンがあります。このモニターは、6900mAhのバッテリー内蔵していますが、USB電源接続時の際に、切り離しても使えるように成っています。

cat20180924182924

背面にはスティック型のPCを取り付けるマウンター用の端子があります。背面にスティック型のPCがへばりつく感じなります。6千円くらいで少しお高いオプションです。

cat20180924182937

保護ケースは反対向きに差し込むとスタンドになります。帯のような部分を織り込んでスタンドにします。

cat20180924182946

重さはこんな感じです。

cat20180924183102cat20180924183117

OSDでアスペクト比や色の設定など、一通りのことが設定できます。

cat20180924183140

USBの電源モードではPS3のUSB端子接続でも使えたので、大抵のPCでも大丈夫だと思います。

cat20180924183153

Surfaceとつなげるとサイズ的にも良い感じです。外に持ち出してDUALモニター環境が簡単に整えられますね。

cat20180924183027

ゲーム機をつなげて卓上で遊ぶことも出来ます。IPS液晶で色も結構良い感じで出ているのでゲーム用でもかなり良いかと思います。

cat20180924183048

動画も作ってみましたのでどうぞ。

ゲーム保存協会主催イベント「伝説のゲームクリエイターに聞く」第3弾 講演会

14:00スタートで17:00までの内藤さんのお話がスタートしました。

内藤さんの今までの歩みが、順々に語られていきます。アマチュア時代から現在まで続きます。

cat20180804135808

 

学生時代のお話、アマチュアで雑誌に投稿して1ページ5千円貰った話などです。この頃の相場はそうだったのかも知れません。自分達も、ポプコムに2ページの記事を載せて頂いたとき1万円貰ったと思います。質という余地ページ辺り5千円が相場だったのかも知れませんね。パソコンは新聞配達のバイト代でPC-8001を購入されたそうです。それまではナイコン族だったらしいのですが、店頭で既にマシン語でプログラムを書かれていたそうです。自分たちも店頭でガッツリ触ってたこともありますが、雑誌のコピーを持ち込んで打ってるだけだったので、既に桁違いだったんですね~。

cat20180804141355cat20180804141547

 

雑誌に掲載されたゲームです。ゲーム保存協会の方が実際に入力でして動画で紹介されています。このスライドもそうなんですが、協会の方がゲームの紹介でもちゃんとやりこんでから、動画も残されて紹介されていっています。運営の方々も、とにかく凄いパワーですね。

cat20180804142118

 

T&E時代のスタートです。入社後すぐに88を渡されてコレでゲーム作ってねって感じだったそうです。

cat20180804142527

 

一躍有名になったハイドライドです。自分も友達の家で、友達が遊んでるのを見てました。

cat20180804143117

 

内藤さんに容赦ない質問も続きます。

cat20180804143314cat20180804143917

 

当時の開発環境の話などもされています。たこ部屋みたいな半監禁部屋もあったそうですが、発表前の新型機種とかも先に発売と同時にソフトを出すケースもあり仕方無かったそうです。

cat20180804144552

 

ゲームもコンシューマー対応もされたりしています。ハイドライド3の時はもう一人で全部作るとかでは無く分業になっていたそうです。

cat20180804145320cat20180804150531

 

ヴァーチャルハイドライドとかもちゃんと絡んで作られてたんですね。もうハイドライドの名前だけだと思っていました。SATURN初期のポリゴンRPGで、司会の方は絶賛されて最後まで、クリアされていました。とにかく、敵はごり押しで、力任せに倒して行くとか褒めてんだかなんだんだかですが、とにかくクリアするまで録画されていましたw。

cat20180804151040

 

T&Eを離れられて(色々あったようです)、自分で会社を作られた事の社長業の大変さを感じられた話や、その事業も3年続かずHALの講師になった話などもありました。この辺りも結構事細かにお話しされています。生徒さんのお話まで披露されてたそうですが、親父ギャグが・・・うんぬん。

cat20180804153222cat20180804153333cat20180804153801cat20180804160312

 

HALの後、また新T&Eに戻られますが、T&E自体がいろんな事に巻き込まれて行き、その複雑な話もありました。

cat20180804161256

 

途中チュンソフトの傘下になったりするそうなのですが、なんとチュンソフトの中村さんが、イベント会場のお客さんとして来られていました。さすがにゲストでは無かったので写真は撮ってませんが、実物の中村さんを初めて見れました。

cat20180804162817cat20180804162951cat20180804163533

 

現在もM2で活躍されています。PS4の今時のゲームねなんて思いますが、このプログラムはこういう所が凄いなんて話もされていて、最近のコンシューマーゲーム機とか見てませんでしたが、やっぱそれぞれのゲームにいろんな人が携わって作ってると思うと、ちょっと興味出てきますね。

cat20180804163647cat20180804164041

 

そして今回の新作についても話されていました。ご自身の趣味の時間を割いて、1年ちょっとかけられたそうです。SATURNでもゲーム作ってなんて話も出ましたが、SATURNくらいだと性能もかなり良いので、面白く無いそうです。cat20180804164744

 

内藤さんの高校時代からの人生をたっぷり聞かせて頂いた感じもありますが、今も現役でゲームを作られ、目と手が使える間は作り続けられると宣言されていました。そして次は、PC-6601で発売されなかったハ○ドライド2みたいな何かの制作に入られるそうです。

cat20180804164900

 

長い時間でしたが、本当に楽しそうに話されるのであっという間に時間が経っていました。面白い話を聞かせて頂いて楽しかったです。また運営側の方々も凄く大変だと思うのですが、こんな機会を提供頂き本当にありがとうございました。

cat20180804165051

ゲーム保存協会主催イベント「伝説のゲームクリエイターに聞く」第3弾 展示コーナー

ゲーム保存協会主催されているイベントに参加させて頂きました。今回は「元ティーアンドイーソフトの内藤時浩さん」がお話をされていました。もう3回目ですが、毎度見落として気がついたら終わってるって感じでしたので、今回は初参加です。

cat20180804124925

会場はお茶の水の方にあるホテルの会議室で行われました。見覚えあると思って思い出したら、前に来たのは会社の人の結婚式2次会の会場でしたw。

 

まずは展示コーナーです。T&Eのソフトが沢山並べられていました。6001,88,FM-7、MSXや98のソフトが展示されていました。保存協会さんで保管されている物ですかね。解説も付いていました。

 

この辺りはMSXですね。

cat20180804130101

 

サイオブレードとか懐かしいです。

cat20180804130108

 

 

オーガスタってタウンズ版が凄く綺麗だったと思います。cat20180804130113

 

ハイドライドです。

cat20180804130559

 

このシーリーズは広告でよく目にしていました。でも、遊んだことは無いんですよね。

cat20180804130208cat20180804130221cat20180804130224cat20180804130233

 

内藤さんはDAIVAについては、話したくないなんて言われてましたが、何があるんですかね・・・。その辺りの話はよくわからなかったです。

cat20180804130255

 

今回は内藤さん最新作ゲームPC-8001+PCGの「New CITY HERO」の実機展示もありました。今時PC-8001の本体を並べるのも大変ですが、なんと6台のPCG付きのPCがそろえられていました。80mkIIの会の方々の物だそうです。

ロード中のタイトル画面も、上手く書かれていますよね。セミグラフィックと少ない色数なのにとても、それを感じさせない画面ですよね。

cat20180804130628

 

小さな人が大量に逃げ回ってる人を助けます。8001でもPCGの力もあるとは言え、ちまちま大量にキャラクターが動きまくって凄いです。10面有るそうですが、面が進むと出てくる怪獣もまとまってくるので結構難しくなります。LIFEが時間と共に減ってくるのですが、上手く回収していかないと時間切れになります。この辺りのバランスがギリギリになっていてよく考えられているなぁと思います。面が進むときの文字表示も横からフェードしてたり細かいところも凄く凝った物でした。

cat20180804131340cat20180804133125

 

PC-8001の下に敷かれているのがPCGです。このゲームはメモリーも限界まで使ってる関係でPC-8001mkIIとの組み合わせが良いそうです。元々80mkIIの会で触発されて作られたそうです。

cat20180804130356cat20180804130718cat20180804130321

 

PC-8001mkIISRにはPCGが発売されて無いのですが、FPGAを使ってPCGを再現されこのマシンには内蔵されいます。

cat20180804130524

自分はMZユーザーだった事もあり、88で少しだけ8001のソフトで遊んだって感じです。ほんの少ししか触っていないのですが、8001も見直してみるとソフトも大量にあり、面白そうな物も多かったんでしょうね~。

 


と言うことで、講演会編に続きます。

第2回 新生:ロッパー会に参加させて頂きました。

2018/7/28の台風が来た最中「第2回 新生:ロッパー会に参加させて頂きました。

台風が直撃コースだったので心配しましたが、ギリギリ避けてくれたので開催されました。cat20180728104730

第1回目の時は、自分の誕生日とモロかぶりで参加できなかったのですが、今回はたっぷり遊ばせて頂きました。

 

今回はシャープ製品ならOKと言う事で、68メインな物のその他の物もありました。

cat20180728104722

 

スーパーファミコン内蔵テレビも持ち運ばれてて・・・。モバイルだとかなんとか・・・。ツインファミコンももちろんシャープ製。連射付きの後期型でした。

cat20180728104729

 

スターラスターやスターウォーズも遊ばせて頂きました。サイバースティックが良いですよね。その他専用パッド類も完備でしたw。うちもサイバースティック有るんですが、当時新品で買った時からイマイチ調子が悪くて、今では全然動かなくなりました。

cat20180728110711cat20180728104647

 

リナザウも登場。

cat20180728104639

 

最強装備の060turbo搭載マシンです。実物見るの初めてです。030でも高いから弄るの怖いのに、単に差し替えだけじゃ済まない装備を搭載するのはハードル高いですね。値段もかなり高いですし。起動時の画面がすさまじいですね。MacのQuadra840AVに勝てるスペックです。

cat20180728102400cat20180728130618

 

新作ゲームの展示もされています。ユーザーはかなり減ってしまったとは言え、新しい物が出るのは良いですよね~。

cat20180728104748

 

ソフト類も各種持ち込まれていました。

cat20180728104740

 

その他、030の倍速基板も見せて頂きました。こちらは差し替えだけで大丈夫なのかな。030の50MHzが搭載されていました。

cat20180728112419

 

その他、コンデンサー交換される方も。68の電源修理の達人の方が来られていて、入手が難しい部品まで全部揃うと言う凄い事態に。作業も手早く綺麗にされるので、やっぱ匠の方は凄いなぁと。

cat20180728111931cat20180728140608

といった感じです。台風で来られなかった方もいらっしゃいましたが、それでも多くの方が来られて楽しませて頂きました。自分の家でも遊べる物は有りますが、好きな機器が同じ人たちだと、話題も広がって楽しいですね。そしてまだまだ知らなかった話とかも聞けて楽しませて頂きました。会を開催頂いたあるきちさんや、台風の中機材を持ち込まれて楽しませて頂いた方々に感謝です。ありがとうございました。

WOWS 駆逐艦

今でこそ巡洋艦メインで遊んでいますが、元々は駆逐艦乗りとして頑張っていました。

最も下手っぴ-で、初期の頃は迷惑かけていたのですが・・・。このゲーム1,000回やってないくらいの人は中々変な動きしたりしますからね~。
WOWSの駆逐艦は、とにかく生き残ることが第一目標です。もちろん索敵するために必要ですから。
戦艦には駆逐艦、駆逐艦には巡洋艦、巡洋艦には戦艦とじゃんけんの組み合わせではありますが、索敵任務が一番重要ですね。味方も見えないことには打てないですから。空母は番狂わせなので、うまい空母乗りには駆逐艦はかなり厳しいです。ちゃんと張り付いてきますからね~。

そんなこんなですが、最近久々に、パンアジアのツリー(殆ど駆逐艦です)を進める為と言いつつ駆逐艦に戻ってきました。さらに艦長育てると言う言い訳の元、低ティアをやっています。低ティアは、初心者いじめって事もあるのでほどほどにですが、よく見ると低ティアの主みたいな回数やってられる方も居ますねw
World of Warships 2018_06_17 19_17_57
World of Warships 2018_06_17 19_19_13

駆逐艦でもいくつかプレミアム艦を持っていますが、どれもろくに活用できて言いません。大抵イベント配布艦なのですが、下手くそで活用できていません。特にOkhotnikがひどい結果です。
World of Warships 2018_06_17 19_18_22

いろいろ駆逐艦も乗ってきましたが、一番お気に入りは「暁」です。秋月とローマ字だと似てますが・・・。
魚雷発射管が3セット有るのと艦長スキルで、魚雷速度をとってるのでかなり撃てます。ちなみに陽炎まで乗ってますが、陽炎はめちゃめちゃ自分には相性悪いです。
World of Warships 2018_06_17 19_18_55
World of Warships 2018_06_17 19_19_06

駆逐艦は、出遅れずにすぐに発進。こうしないと後の人たちがいらつきます。と言うか、自分がそうです。出遅れる駆逐艦ほど、勝率は悪いと思います。
World of Warships 2018_06_17 19_23_19

後は索敵と、進軍を止めるための魚雷ばらまき。
World of Warships 2018_06_17 19_24_33
World of Warships 2018_06_17 19_25_27

スモークは、危なそうな味方か、欲しいと言われたときに炊きますが、基本は自衛のためです。
World of Warships 2018_06_17 19_31_42

後は隙あらばCAPも忘れないようにしないと、思わぬところでポイント差がつきますよね。でも生き残ることが大事なので、味方が全然いない時とか無理は禁物って事で。
World of Warships 2018_06_17 19_28_34

最後に現時点の駆逐艦の成績です。え、こんなので乗ってくるなって・・・。うーん練習します。

World of Warshipsの紹介です。

World of Warshipsと言うゲームを始めて約2年半になります。これだけ長い期間遊んだのはBF2以来かもしれません。
昔は豆にblogに掲載していましたが、最近はレトロパソコンに填まってることもあり、更新が遅めでした。
レトロパソコンは、またそれはそれでまとめて記事にすることとして、メインで遊んでいるゲームを紹介していきたいと思います。

このゲーム自体は、基本無料で課金すると進行を早くすることは出来ますが、基本的には自分の腕が左右するゲームです。
戦艦を動かして対戦するので、FPSのゆっくり版みたいな感じです。BF2をやっていた15年前と違い、すっかりおっさんになってきたので、これくらいのペースが良さそうです。またゲーム無いイベントも結構あるので、本当に無課金でも楽しめると思います。まぁついつい課金したくなるような船も売ってたりします。課金した船が圧倒的に有利とかは無いです。12vs12なので、あくまでもうまいメンバーと組めるかが一番大きいです。

アカウントを作り最初のダウンロードがかなり時間がかかりますが、それが終わると港画面になります。
自分のアカウントは「X68000XVIcompact」です。X68000XVIのアカウントもWoTで作ったのですが、パスワードとか忘れちゃって作り直しです。
World of Warships 2018_06_03 20_09_34
最初はしょぼい船しか持っていませんが、回数を重ねると上位の船が手に入ります。
ちなみに、この船は所属しているクラン【MIXI】の1周年記念イベントで、クランの方からプレゼント頂きました。

私の今持っている船はこんな感じです。

日本
World of Warships 2018_06_03 20_10_02

アメリカ
World of Warships 2018_06_03 20_10_10

ソ連
World of Warships 2018_06_03 20_10_17

ドイツ
World of Warships 2018_06_03 20_10_24

イギリス
World of Warships 2018_06_03 20_10_30

パンアジア(アジア圏の寄せ集め)
World of Warships 2018_06_03 20_10_41

フランス
World of Warships 2018_06_03 20_10_45

イギリス連邦
World of Warships 2018_06_03 20_10_56

そして今現在のステータスです。ギリギリ勝ち越しです。クランに属していますが、基本的にはSOLO活動です。
World of Warships 2018_06_03 20_09_49

クランは【MIXI】と言うところに入っています。mixiが本拠地だったようですが、かなり放置気味のようです。
World of Warships 2018_06_03 20_11_11

IDがわかれば非表示にしない限りあり成績が見れるようになっています。
成績表示サイトもあるので、見てみると面白いかもです。
X68000XVIcompact stats and ratings - Asian server - World of Warships stats - Google Chrome 2018_06_03 20_12_08
X68000XVIcompact stats and ratings - Asian server - World of Warships stats - Google Chrome 2018_06_03 20_12_26

つたない文章や、静止画面だとわかりにくいと思うので、リプレイの動画を載せておきます。
ちょっと音ずれてます。Windows純正キャプチャーなのにいまいちイケてないですね。

是非皆さんもやってみてください!そしてクランにも来て下さい!







PC-486SEの拡張追記&PC-486NAV追加

PC-486SEは取りあえず、外付けHDDでの環境がなんとかなってきましたが、折角コンパクト筐体なのでHDDパックが欲しくなりました。

エプソン機のHDDパックは単体では中々オクなどに出てこないので、ノートPCから取り出せないかと、ジャンク品をゲットしてみました。

手に入ったのはPC-486NAVと言うモデルです。486DX2の50MHzでDSTN液晶搭載モデルとなります。送料込みで3千円とまぁまぁ。で開けて見るとHDDがちゃんと入っていました!ラッキーです。

cat20180505135722

 

240MBの純正パックです。ちょっと疑問なのが、構成を見ると340MBの物が付いてるハズなんですよね・・・。中身を取り出すと262MB?のHDDが入ってるようで、また謎です。ただ更に良かったのは、そのまま読み出せたのでエプソン版のMS-DOS5.0とWindows3.1が読み込めました。他にNC旋盤の定義用のツールみたいなのが入っていましたが、もともと工場用だったんですかね。外観は綺麗でした。背面や側面の蓋があちこち無いです。

cat20180505135606cat20180513141154cat20180513141218cat20180505142019

 

CPUやメモリーは付いたままでした。増設などはされて無かったです。

cat20180505140223

 

このHDDパックにEOSYSTEMが入ってるのですがAVだと途中で起動せず。SEにつなげるとそのまま使用できました。よくわからない感じですね。とりあえず中身をMOにバックアップしておきました。

cat20180505140456

 

AVの方は、外観が綺麗なので動くかもとACアダプターをさらに調達しました。+3千円ほどかかってしまいお買い得度が下がっていきますね・・・。

起動させたところ液晶画面が死んでいるようで、外付けなら動くことが確認出来ました。HDDからもFDDからもPCカードスロットに入れたCFカードでも大丈夫です。この頃のエプソンノートはPCカードからも起動できるので、スロット埋めてしまいますが、HDDパックが要らないのもいいですね。cat20180513141142cat20180513085447cat20180513141437cat20180513141244cat20180513141312

 

SEの方が2GB位まで出ないと上手くいかないと教えて貰い、40GBくらいのHDDの容量を調整して入れて見ましたが、AV側でフォーマット出来て使える状態になってもSE側に入れると起動できなかったりと難儀しています。

HDDの容量調整は第三研究所さんのところに記載されている容量制限の記事を参考にさせて頂きました。MHDD

と言うツールで書き換えてしまいます。

cat20180512124009cat20180512124005

何だかんだでで、色々やってますが、時間が掛かる割にスッキリと進みません。エプソン機は情報も少なくそれなりに大変ですね~。

レトロエクスプレスで購入したPC-486SE

レトロエクスプレス5号に行って、その際エプソンのPC-98互換機PC-486SEを購入しました。お値段は3千円でした。フロッピーが不調だそうです。

cat20180503161040

 

GWにもなったので(と言ってもカレンダー通りの休み)ですが、早速セットアップすることにしました。本体はそこそこ良い色になっています。漂白しても良いのですが、88のキーボードみたいにまだらになってもなんなので、水洗いだけしてこのままで行くことに。ドライブナンバーか何か貼ってた所辺りに何かシールでも貼れば良いかなと。

cat20180422193246

 

今回は、本体だけ買って手持ちのNECのキーボードをつける予定でしたが、PC88会のイベントでお会いした、ぽてぽてさんがなんと無償でエプソン機のキーボードを送って頂けました!ほんとありがたいです。

cat20180430123404

 

PC-486SEは、486SXの25MHz、メモリーは1.6MB搭載です。メモリー増設には専用のメモリー増設ボードをつける必要があります。HDDも内蔵出来ますが、エプソンのノート用のHDDパックをつける必要があり、どちらも入手が難しそうなので、じっくりオクで狙ってみます。と言っても高額を出すつもりは無いので、ジャンクノート狙いですかね。ODPも有れば良いのですが、速度的にも486なので無理しなくても良いかなと思っています。

cat20180430123400cat20180430123358

 

HDDの端子ですが、専用過ぎてどうしようも無いですね。

cat20180430123453

 

フロッピー不調なので、HDD環境を整えます。SCSIカードさしますが、NEC純正の92ボードは認識しないのかさっぱり駄目何も出ないのでドラブル原因がわかりません。他に何枚かカードを挿し直して試したのですが、最終的にIO-DATAのSC-98IIIが使えました。Twitterでもフォロー頂いたのですが原因はわかりませんでした。(SCSI-IDを0からとか、エプソンチェックの確認等です。)グラボはメモリーも厳しいのでWindowsは乗せれませんが、CGローダーのMJLで使えたらなと言うのとVGA端子に変換するコネクタで出っ張らないようにと刺してみました。

cat20180430123602cat20180430141751cat20180430124723

後ろ側は、こんな感じです。グラフィック表示やゲームだけの用途ならPC-9801DSにさしたGA-1024Aをこっちに持ってきた方が良いかもしれませんね。

 

メモリースイッチは、NEC機と少し違いますね。久々のエプソンフォント!!と思ったのですが、自分が使っていたPC-286VEとはまた違うらしいです。もっと丸ゴシックぽかったのですが、PC-386GE辺りでフォントの変更があったそうです。残念。半角はそれらしいですが、ひらがなとかは特徴減ってますね。こういう所もNEC機との互換性を優先したようです。

cat20180423203018cat20180423203054

 

蓋を開けたり閉めたりしてると電源ボタンの棒が抜けました。フロントから棒が刺さってるだけなんですよね。

cat20180430125754

 

PowerWindow928IIは、まだ上手く認識してくれません。ユーティリティからは見れてもMJLでは駄目なようです。この辺りも含めてGA-1024Aに入れ替えるか考えます。予備でも探すかと思いましたが、オクだと結構値段上がってますね。

cat20180430152950

 

HDD環境は取りあえずなんとかなりそうです。MOを繋ぐSCSIケーブルがそろそろ足りません。PC-286の時に使っていた5インチフロッピーも、また3.5インチ変換してみたいと思います。フロッピー不調はコンデンサー辺りかも知れません。1ドライブ目は、大きいファイル読み込みでコケる。2ドライブ目は全然駄目って感じでした。予備のドライブも含めてエプソン機で入手は難しいようです。最悪外付けフロッピーユニット接続ですが、こちらも高くなってますよね。

cat20180430173043

キャンビーに比べてCD-ROMが内蔵されていない分奥行きも短くて、コンパクトなのが良いですね。もう少しエプソンらしさの環境も出したいところですが、やっぱエプソンMS-DOSを手に入れ直すくらいですかね~。

レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その4

最後はまりえん堂さんのブースです。

FM-7用のゼビウスの隣には・・・

cat20180422112936

 

FM-77AV専用に移植されたゼビウスが!かなりスムーズに動いてびびります。色もかなり良いですし、とにかくスムーズに動きます。ホント移植された方の言われるように勢力図帰る位の出来!互換性の問題や手っ取り早く88の移植物が多くて勿体なかったですよね。

cat20180422112829cat20180422113001

 

FMシリーズ総出演と言われんばかりに並んでますが、こちらはFM-8の初期型らしいです。スリットが無いらしいのですが、そんな違い全然和から無いっす~。

cat20180422131651

 

こちらはFM-77ですが、OS-9が動いていました。SCSIカードも設計され搭載されいました。さらっとむちゃくちゃ凄そうです。

cat20180422113223cat20180422113232

 

最後は16βの海外版かな。この辺りは名前しか判りません・・・。ちゃんと聞けば良かったてす。

cat20180422113230

 

 

その他、ステージイベントなどもあり、一日中楽しめるイベントでした。去年の4号では風邪引いて速攻帰るしか出来ませんでしたが、今回はたっぷり遊ばせて頂きました。

cat20180422140006

 

自分へのお土産に1台。セケロズンダメロさんの所で販売されていた、エプソン機確保!お安く3,000円でした。こちらは、また記事にしていこうかと思います。

cat20180422192428

 

最後にイベント主催の方々、出品された皆様、楽しいイベントありがとうございました!



イベントのまとめ動画です。


レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その3

LEO-SYSTEM-DESIGNんのブースで、超小型自然語処理コンピュータの展示でした。68000×5枚のの独自設計コンピュータで、設計された方が亡くなったそうです。膨大なソースやマニュアルがあり、ラックマウント型のこのタイプ以外にもデスクトップタイプなどもあったとのことです。折角なので、中も見せて頂きました。OSから専用設計らしく、このシステムを扱えそうな方を探されていました。会場内にも扱えそうな方居ると思いますが、結構大がかりなシステムで大変そうでしたが、興味ある方は是非連絡してみてください。

cat20180422120009cat20180422120704cat20180422120116

 

まじろぐみさんのブースです。こちらは音楽メイン。イベントでの歌を披露された真白 彩さんもここです。X1に音源やメモリーの載った複合拡張ボードを搭載して、色々演奏されていました。

cat20180422121620cat20180422121347cat20180422121423

 

こちらは本物のアウトランナーズにATX電源やらメガドラパッド基板を作られて動かされていました。

cat20180422120953cat20180422121130

 

ぴゅう太買えやさんのブースでは、ぴゅう太はもちろんのこと、それ以外も展示されていました。今回はステージでぴゅう太買えやの歌まで披露されていましたw

cat20180422130142cat20180422130123

 

TI-99はぴゅう太のご先祖さまみたいなPCだとのことです。

cat20180422130000

レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その2

こちらはX1の3Dメガネシステムです。めぞん一刻のタイトルの所だけ対応してるそうです。他にももう一本くらい対応ソフトはあったそうです。

cat20180422114230

 

定価は18万円程らしく、ブースの有名人のGORRYさんにあれこれ聞いて機能などを調べて貰うという・・・。

cat20180422114410cat20180422114205

 

他アラビア語仕様のMSXの展示です。左から始まってますね。キーボードも謎な感じです。

cat20180422130803cat20180422130812

 

前田さんのブースでは、物販とJRシリーズの展示でした。JRシリーズは小さくてちょっと欲しくなるときがあります。当時はPCGがうらやましかったです。

cat20180422130731

 

X1centerさんの所では、移植されたシルフィードX1版がPSG対応に進化していましたwcat20180422130504

 

MZ-2000も動いていました。

cat20180422130438

 

そっと置かれていますが、1チップX1と1チップX68000です。外観もありますが、昨今流行のミニシリーズもFPGAで作られてたら良いのになぁとは思います。

cat20180422130435

 

最後にX1シリーズ30年の回答だったX1TwinROM2です。なすかさんが作られた物ですが、本体側のあまり知らないX1Twinに付いてもお話頂きました。フロッピー搭載機の中ではTwinは軽いとのことです。持たせて貰いましたが軽いですね。1ドライブと言う事もありますが、中も綺麗に整理されてそうです。また縦型専用なので、モニターを置かないこともあり、強度的には弱く出来たのかも知れません。他にもフロッピー搭載X1の中で唯一ファンレスだそうです。他の機種でもフロッピー積んでる位のマシンでファンレスは珍しそうですね。PC-Engine側とは完全に独立してるので、同時に起動した状態で、前面のボタンで表示が切り替わるくらい完全に関係なくUFO区とのことでした。ボード上には謎のコネクタはあるらしく、PC-Engineの外部ポートだったのかもとのことです。形は全然違うらしいですが。

cat20180422121752

 

三郎さんのブースではまた謎パーですね。3インチフロッピー搭載マシンです。動画が表示されていましたが、コンバーターを作って変換されたそうです。ここパーのスタンドはしっかりした物をつけたそうですが、しっかりしすぎてめちゃ重くなったとのことでした。

cat20180422124641cat20180422125744

 

ぴぴぴさんのXVIはいつでも元気で格好いいですね。今回も新幹線に乗ってこられていました。世界で一番多く新幹線に乗ってるXVIだと思います。

cat20180422114855

レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その1

2018/4/22(日)大田区産業プラザPiO 小展示ホールで行われたレトロエクスプレス5号に行ってきました。

cat20180422104847

 

会場に近づくと、むちゃくちゃ長蛇の列!って中に入ると一階でやってた別のイベントでしたw

cat20180422105050

 

レトロエクスプレスは2階です。

cat20180422105234

 

入場券は切符仕様です。

cat20180422105700

 

ざざっとブースを紹介。

 

この手のイベントでよくおはなしさせて頂くシエルさんのブースです。

98関連の物を展示されていますが、今回はGIMONSさんの作られたRaSCSIをCバスに内蔵させるボードの展示でした。cat20180422111225

 

IOデータのセカンドバス搭載のSCSIカードに、今回設計された中間ボードとラズパイを載せる形です。何度か設計を調整されミリ単位でぴったり入るように作られています。ホントSCSIカードのチップの配置がちょっと悪かっただけでも入らないくらいギリギリ綺麗に収まっていました。RaSCSIのコントロールはシリアルポートから行え、わざわざ別のPCからリモート接続しなくても98だけで完結可能です。専用の短いシリアルUSBケーブルも作られていました。

cat20180422111221cat20180422111333

cat20180422111417

 

その他ファイルベイ搭載機に5インチフロッピーを増設させるための基板も完成されています。

cat20180422111222

 

実機で遊べるようにされたブースです。MSXも併せて全部ゼビウスとかもやられていました。

cat20180422113650

 

こちらは電子ゲームも含め膨大なゲームの展示です。実際に遊ばせていただけしました。

cat20180422131044

 

ここは、HARDと言うアダルトゲームのブースです。あやよさんシリーズってすいません、遊んだこと無かったです。広告では見たことあるので知ってます。

cat20180422113911

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その4

こちらは、音源とジョイスティックポートが不調のFAです。

持ち込まれた方が、各有識者の方々に見て貰うとの事でしたが、正に有識者の方々が多くて、その言葉がツボにはまりましたw

 

まずは分解です。FAの分解方法を取りまとめられた方が、会場には来られていますw

cat20180331111943

 

内蔵電池が液漏れして、かなり基盤周りに液体をぶちまけてたそうなので、有識者の方々は、パターンが切れてるんだろうと、開腹してみるとやはり断線のようで、サクッとジャンパーされていました。(電池のあったところの下です)

cat20180331155140

 

思ったより薄いフィルムケーブルが多くて気を遣いますね、。フロッピーや背面コネクター用のボードとの接続がこれで結構心配です。FAの頃はまだお金が掛かっていたので構造も複雑らしいです。FEやMA2辺りだとコストダウンの為にスッキリとした基板になっているそうです。

cat20180331112306

 

と言うことで、ジャンパーされる事で無事音源が回復していました。しっかりと音が鳴っていましたが、ジョイスティックポートはまだ何処かしら断線があるようで、持ち帰りにて対応されるとのことでした。

cat20180331155113

 

最後はプロの方のブースです。周りのみんな88の達人や有識者や匠な人だらけなんで、なんともですが、こちらでも古めのゲームが動いていました。テンキーの8462操作が、固定化する以前のゲームとか難しいですよね~。

cat20180331141903

 

こちらは、データレコーダーのプログラム読み込みの間に、録音された声が入ってるゲームです。データレコーダーは、スピーカーがモニター用の物なので、音質がもの凄く悪いですが、一応聞こえましたw

cat20180331163907

 

という感じで、朝から夜遅くまで開催されたイベントですが、子供の頃の当時ではとても体験できない装備やソフトが山盛りで、どっぷり88の世界にはまれました。ソフトはメジャーどころが少なそうですが、皆さんかぶらないものを持ち込まれてるので、逆にめったに見れないソフトが多くてこれまた良かったと思います。

 

主催者の方々、色々持ち込んでいた頂いた皆様ありがとうございました!

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その3

こちらは、このPC88会の主催者の方のブースです。今回は4台持ち込まれていました。今の用のレトロPCブームが始める前に集められていたそうです。会の中でも話していましたが、最近は88ハードの高騰が一時より収まってきたものの、ソフトウェアが異常な上げになってる感じと言う事です。

 

主催者さんのブースではいろんなソフトが入れ替わり遊ばれていました。

cat20180331135439

 

ハイドライドのパチモンみたいなゲームとか・・・。

cat20180331150404

 

くそゲーと言われましたが、難しいと言うのはありますが、それなりに考えられたアクションパズルゲームだと思います。

cat20180331123516

 

コスモミューターも難しい~と思ったのですが、ゲーマーの若者がやるとすいすいと。キーボードやりにくいと言われてましたが、おじさんより桁違いに上手いです。cat20180331114925cat20180331154518cat20180331113953

 

MKIIのキーボードも久々に触りました。形はかっこいいんですけどねぇ~。

cat20180331113420

 

こちらの方のFE2は、吉祥寺のハードオフのオープン記念で5,800円だったとのことです。内蔵スピーカーが鳴らないそうですが、それ以外は問題なしとのことです。ちょっと前まで荻窪に住んでて吉祥寺なんて、しょっちゅう行ってたのに~。

cat20180331093627

 

88も後期のソフトになると、アナログRGBやタイリングを駆使してもの凄く綺麗なCGのソフトとか出てきましたよね。ティッシュは花粉対策です。

cat20180331152353

 

こちらは、遠方から沢山の機材を持ち込まれた方のブースです。本当に沢山で、パソコンの修理もお手の物の方です。88も初期の音源がばらついてた頃のソフトで、色々切り替えて貰いながら聞かせて頂きました。裏技的にもBEEPやmkII音源やら色々対応してたソフトがあったんですね。

cat20180331151226cat20180331131923cat20180331161253

 

市販ソフトだけで無く、同人ソフトも何種類か持ち込まれていました。

cat20180331160433

 

このSRにもMIDI環境が装備されていて、シーケンスソフト本体のみ(マニュアル無しで操作が不明)持ち込まれていたのですが、主催者の方が、このソフトのデータ集と何故か本体のマニュアルが入ってたらしくて、夢の共演で無事鳴らすことが出来ました。400ライン対応で見栄えも綺麗なソフトですね。

cat20180331165721

 

唯一88じゃないモトスのゲーム基盤も設置されていました。

cat20180331131854

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その2

次は、88関連の物を世界一持ってるんじゃ無いかなと思われる方のブースです。もって来られたソフトウェアは、きっと挨拶程度です。

cat20180331142139

 

各種88の拡張ボードです。今回は、カセットのソフトも多く持ち込まれていたので、CMTのボードもありますが、音源大会?って事もあり各種の音源ボードも持ち込まれていました。

cat20180331124406

 

また今回の目玉は、88でMIDIって事で、MIDIのインターフェースと、MIDI音源ユニット+リズムマシーンの組み合わせで、各種演奏も行われました。88自体SR以降FM音源を積んで、それ単体でもしっかりとしたアンプ、スピーカーをつなげると、かなりいい音でなってくれますが、88でMIDIとなると更にジャンプアップした感じですね。この頃の音源でも、今聞いてもちゃんとゴージャスな音に聞こえます。

cat20180331111752

 

その他、音楽ソフトも山盛り揃ったので、順に聞かせて頂きました。

cat20180331135450

 

唄う系のソフトも何種類か有って、聞いてみると今の物には劣る物の、それでも今が合成音声感が拭えない分、かなりいい線に聞こえました。

cat20180331134215

 

音源の達人みたいな人のFE2です。ソフトがうずたかく積まれていました。FE2からは、サウンドボードIIの音がBOSEのスピーカーから、良い感じの音で流れていました。サンドボードIIなのか作られたボードなのかは聞いてなかったですね・・・。高音質化とかされててもおかしくない方だと思います。今回は、終始フロッピーのカビと戦われていました。

cat20180331095446

cat20180331164257cat20180331124259

 

こちらの方は、初代の88を持ち込まれていました。机の上に転がっている、某天使なソフトの為?の同人サウンド-ボードを搭載されています。

cat20180331094155

 

他にも、純正から自作外付けユニットなど、各種ジャストサウンドが揃っていました。中でもこのボードに内蔵されたタイプは、聞き取りやすく純正よりも高音質と評判でした。

cat20180331110547

 

こちらは自作されたユニットです。外装も丁寧に作られた匠の仕事です。

cat20180331101551

 

 

こちらは純正品です。実物見るのは初めてです。電池が必要なの事も初めて知りました。cat20180331091912cat20180331092056

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その1

NECのPC-8801シリーズで、楽しく遊ぶ会に参加させて頂きました。

一応知った人の集まりで、クローズドの会になります。何だかんだで、ゴミみたいに捨て去られたものの、今では価格も高騰してしまい貴重品の塊になってきましたしで色々仕方無いと思います。

 

会自体の様子は、Twitterのハッシュタグ#PC88会で共有されたりまとめサイトにも上げられているので、そちらもご参照ください。今回は開催前の打ち合わせ?で88でMIDIの話題が出て盛り上がったので「MIDI編」となっています。

 

※この記事は、FC2でまとめて写真を上げちゃうとスパム判定され弾かれてしまうので、いくつかの記事に分けてアップします。

 

まずは、PC-8801MCの展示です。MCって中学生の頃「MC」って会報誌作ってたので、名前だけで欲しかったのですが、結局買うことは無かったです。今回はMC専用のCD-ROMソフトも見せて頂いたり、8MHz-Hの力も見せて頂きました。内蔵の2HD対応ドライブも静かで良いですね。

cat20180331094540cat20180331104034

 

こちらの弾幕シューティングもかなりスムーズに動くんですよね~。

cat20180331161919

 

このレーザーで反射するディフレクターってゲーム、パズルなんですが、中々よく出来ていました。出てたの全然知りませんでした。MA2もあまり見ていなかったので、裏とかも現物見させて頂きました。MAとはレイアウトも違いますね。

cat20180331140027

 

 

カセットテープ時代のゲームからは幅広くいろんな物を見せて頂きました。自分はFRから88を使い出したので、初期のゲームもあまり知らなかったりします。8bit初期で音がBEEPだったりで、これはこれで味わいがありますね。

cat20180331124235cat20180331131343cat20180331152558

 

黒のFHですが、もの凄く綺麗な状態で持ち込まれていました。めっちゃ格好いいですね。裏も見せて頂きましたが、裏の板もノーマル機と色が違うそうです。

cat20180331093946cat20180331094039

 

定番のスタートレックも遊ばれていました。自分はMZで散々遊んでいましたが、最近プチコンでも作られてる方が居て、そちらを今でも遊んでいます。FHはカセットインターフェースもあり、サウンドボードIIが載ったこの黒FHはある意味最強の88かも知れませんね。

cat20180331122950

 

続きます。

As2とCX3の配置換え。

As2が使えるようになったので、CX3は予備機にしてしまいます。外すついでに、少しだけパワーアップ?しました。MIDIボードはAs2に譲りますが、Windowsマシンでもあるので、LANボードを指してみました。オクで200円ちょっとです。純正のPC-9801-108と言う物です。設定用のフロッピーが必要と言う話もありましたが、一応調べてみると、ディスクが無くてもWindows側から設定は変えれるとのことです。

cat20180225140350cat20180225140618

 

そして、セカンドキャッシュもつけました。DOSで効果があれば良いので256MBです。こちらもオクで500円程でした。差し込みが甘いと起動しないとのことでしたが、三回程刺しなおしてやっと起動しました。正確にはメモリーチェックまででブートしない感じでした。噂通りシビアですね。

cat20180225142956

メモリーが32MBなのとグラフィックカードが内蔵のものなので、ここを変えてみるか悩むところです。どちらもWindows向けのパワーアップですが、PC-98でのWindowsは、ファイルのやりとりで使う程度ですので・・・。あ、ODPってのもありますね。MMXPentiumか・・・。今となっては電気食わない方が安心ですかね。

 

 

As2にはMIDIボードを取り付けます。昔はスキャナー用のパラレルボードを指していました。

cat20180225144639

 

設置してみましたがインスタ映えする感じはありません。ケーブル処理綺麗にしないと駄目ですね。<そこだけじゃ無いですが・・・。CX3より少しだけ奥行きに余裕が出ました。でも高さが高いので、モニターが上の方にあってちょっと首が疲れる感じです。

cat20180225151730

帰省ついでに、日本橋周りをしてきました。

日本橋でお昼ご飯と言えば「たちばな」でした。今は移転して少し奥になっていますが、道沿いの前の店舗は、かなりの数行っていたと思います。ボリュームもあり、値段も安かったです。今はさすがに値段が上がっていましたが、ボリュームは相変わらずでした。今回はパソコン通信時代の友人のへのさんと一緒に回って来ました。

cat20180209123747cat20180209123754cat20180209124659

久々のコロッケ定食です。

 

日本橋のジャンク屋はドンドン無くなり、店内には最後のジャンク屋と書かれていました。PCNETも向かいのビルの2Fに店舗が有るときはPC98やX68k、68kMACのジャンクがゴロゴロ転がっていたのですが、新品でも充分安くなったPCのジャンクなんて、もう絶滅ですよね・・・。

cat20180209132447

 

向かい側の1Fはワンダーランドです。昔漫画の本棚を3本満タンになるまで集めてましたが、まとめて手放してからは、買うこと無くなってしまいました。今でも漫画は沢山出ていて、読む側は種類も多くて大変そうですね~。

cat20180209132451

 

ソフマップのZaurusは変わらず。中古のPC-9821NeやAs2のグラボ、ZaurusオリジナルのATマシンとかここで買いました。そうそう1台目の030も、ここで買ったんです。ドリキャスなどゲーム機もここです。当時のフロアの様子は、今でも覚えています。

cat20180209132517

 

 

某謎のビル。1Fは全然変わりませんね。ここの一番上に、日本コンピュータクラブ連盟がありました。略して日本コン連。何だかんだで通っていました。今はどうなんだろうと検索したら、会長が・・・まだ生きてる・・・。さすがです。当時からG並の生命力呼ばれてただけありますね。住所検索したら、胡散臭さもパワーアップしてました。

cat20180209132548

 

この通りも、ここ数年は変わらず。車で来たときは、左手に有った光無線の駐車場によく止めさせて貰ってました。

cat20180209132607

 

スーパーポテトのレトロ館は、商品がかなり多いですよね。秋葉より揃ってる感じがします。少し安い気もしますし。今回SATURNのジャンクCD-ROMを沢山買って帰りました。

cat20180209132705

 

ベストドゥ!は自分が東京に来てから出来たのであまり知らないんですが、それでも、もう長く頑張っているお店ですよね。

cat20180209135215cat20180209135243

 

T-ZONEだったときに、よく洋ゲー買ってました。予約とか入れて買ってたんですよね~。自分の中で、自作機が一番楽しかったときだと思います。

cat20180209135555

 

絶縁ドライバーを探しに道具屋筋も通りました。ここらも変わらず・・・。シャッターの数もここ数年変わらないですね。

cat20180209140953cat20180209141127cat20180209141302

 

ザリガニの出張所?がありました。

cat20180209141327cat20180209141349

 

通りは、DVD屋も減らずに頑張ってるようです。マンションも増えてましたが、いつの間にかホテルが多いですね。中国人専用のホテルとかもあるそうです。

cat20180209141908cat20180209141937

 

PCワンズの展示されていた自作機です。Akiba-Watchに紹介されていたマシンです。綺麗に出来てますね~。レトロPCも楽しいのですが、MOD自作機もやっぱ楽しいです。

cat20180209142842cat20180209142909cat20180209154203

 

フジ・コーキは、よく残ってますね~。ビデオテープとかノーブランドのFD買いに来ていたと思います。

cat20180209154733cat20180209154917

最後はJ&P。お家騒動やら、ニノミヤや中川無線が全滅したりしたのによく残りましたよね。初めてのパソコンMZ-1200を買ったのは上新電機です。PCGの取り付けに、父親とMZ-1200を電車で担いで、ここの1Fで取り付けて貰いました。

PC-88VA3の起動確認

前回、2014年の7月に「2次電池の切断の為」起動確認していましたが、またそれから長い眠りについていました。

Twitterでも書いてましたが、点検の備忘録としてblogにも残しておきます。

As2の修理をお願いした第三研究所さんにお話ししたら、VA3でも面倒見ますよと言って頂けたのですが、さすがに勝手にポンポンお金も使えないので、少し間隔を開けますと回答させて頂きました。たまには、電源入れてみてくださいとの事でしたので、久々に起動させてみました。

cat20180204112617

 

煙が出ることも無く、なんとか起動してくれました。

cat20180204114108

 

サウンドの方も、ボリュームが小さくなったり聞こえなくなったりも無く、ちゃんと鳴ってくれました。手製の音楽再生メニューが懐かしいです。VAのフォントも独特で気に入っています。PC-100と同じとか聞きましたが、PC-100のフォントはちゃんと見たこと無いです。

cat20180204113302

 

V3モードも一応確認してみましたが、ちゃんと動いてくれるようです。MS-DOSで環境整えて遊んでただけなので、V3モードのゲームとか特に無いのですが・・・。

cat20180204113633

 

PC-Engineのシステムと書かれたフロッピーを入れて見ると、よくわからない画面に・・・。エラーも出てるし、元々こんなのだったか忘れてしまいました。2TDのフロッピーも確認したいところなのですが、ケースだけ残して中身は行方知らずです。フロッピーを大量に廃棄したときに間違えて処分した可能性も大きいです。残念。

cat20180204114557

 

軽くゲームも動かしましたが、キーボードも問題無く使えるようです。cat20180204121545

cat20180204114714

 

で、かなり汚れていたキーボードを洗うことにしましたが・・・。

F2キーの軸が折れてしまいました。悲しい。今まで何回かやってたのに、とうとうやってしまいました。キー側に小さいネジでも埋め込んでしまって無理矢理刺して修復を試みますかね~。キーボード自体は石けん洗いだけですが、かなり綺麗になったのに残念。

cat20180204122054

cat20180204131122cat20180204131228

何にせよ、起動してくれて良かったです。VA2/3シリーズって、放置でも死んでいくんですよね・・・。うちの残っていたレトロPCはほぼ全部、この時期なので悲しいです。

プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク