FC2ブログ

秋葉原エレクトリックパーツで買ってきたグラボ


秋葉原エレクトリックパーツで500円だったRADEON HD 5670(512MB)です。もう少し後の古井戸が使えるものも欲しいところですが、ここ最近のグラボの値上げで諦めです。

で、このPCは先日買ったブラウン管モニターに映すのにVGA出力がそのまま載っている方がよいかなと安いのを買ってみました。ジャンクなので、なんともですが。

cat20210425110656

PhenomIIマシンなんで、Geforce GTX 470載せても遊べるゲームはたいして無いし、DVIからの変換アダプターや内蔵の補助電源もいらないのですっきりさせたいかと。

cat20210425110622cat20210425110634cat20210425110708

カードサイズも小さいので、すっきりです。

cat20210425110725

早速試しに・・・と映らない

cat20210425110756

このPCWindows7からのアップブレードで最初の頃、内蔵の4000シリーズでも映ったんですが、今はRadeonのドライバーの対応って5000シリーズからなんですよね。

cat20210425110818

ということで、内蔵のグラフィックはオフにしました。

HDDに32bit版のWindows10が残っていて、勝手にそっちで起動することもあったので、SSDの64bit版のみにしました。1TBくらいのHDDだと起動もかなり遅いですね。Windows10の32bitも3GBまでしか認識できないので、空きが1GBもなく、もう実用にはかなり厳しくなってるかと。

cat20210425110838

スポンサーサイト



World of Warships 2021年4月の状況

4月の状況です。大物狩りってエイプリルフールイベント?があったのですが、自分的にはあまり盛り上がらずでした。永久迷彩もらえるのですが、そう言えばスクリーンショットも残してなかったですね。

早速4月の状況ですが、これまたひどい感じです。ハルヤスミガーとか言っていましたが、なんだか戦闘数が少ない人が急に増えまくったのか、比較的高ティアでも荒れ気味ですね。アジアエリアで急にどこかの国でサービスが始まったとかですかね・・・?とは言え敵も味方も荒れてるはずなので、勝てないのは運だけでも無いとは思います。

cat20210418142937

分艦隊でなんとか持ち直しをとやってみたのですが、それでも厳しい感じでした。

cat20210418143002

艦長スキル変わってから戦艦だらけってのもありますが、巡洋艦がすごく減ってしまいましたよね。とはいえ、自分はあまり使っていないですが。

cat20210418143034

T9が相変わらず厳しいです。なかなか高ティアは緑にできない・・・。

cat20210418143054

前回の記録から増えた船は2隻。やっと大和に到着です。カラッチョロはイタリア戦艦のイベントで手に入れたものです。

cat20210418143207

アップグレードが割引始まらないとかなり高くつくので、今のところ港に停泊しままです。艦長もちゃんとしたの乗せてなくて、ナライと行き来してもらっています。

cat20210418143444cat20210418143503

からっチョロもナライで進めようとしたんですが、弾が相当ばらけますよね。止まってる固定砲台にも当たらないとか有りました。

cat20210418143534cat20210418143555

戦場があれまくってるので、しばらくランク戦ばかりやっています。

こちらも荒れるんですが、船の数も少ないので早回しができるかなと。ただ駆逐で無いとほんとに酷い試合が多いので、駆逐に偏ってきています。T8,T9はシナリオがないので、ランク戦で進めるのもありなんですね。

cat20210418143238cat20210418143315

後は船の入れ替えがあるようなので、消えるネルソンを手に入れるためにフリー経験値貯めています。間に合うかな・・・。

cat20210418143822

GeForceで「Resizable BAR」の対応

3060発表の際に、アナウンスのあったGeforceのRTX30x0シリーズで、「Resizable BAR対応」というものが3月末に出てきました。PCI Expressのオプション機能で、データの転送の効率化みたいな感じで書かれています。Radeonでも既に対応されてるようなのですが、うちのGeforceも対応のVBIOSやBIOSが出ていたので早速試してみました。

nVIDIAのサイトにはVBIOSのアップデートしてねみたいな感じで書かれています。

cat20210404230511

まずはM/Bの方でも対応が必要なので、BIOSのアップデートから行います。

VBIOSもサクッとダウンロードしてアップデートします。

cat20210404225016cat20210404230232

再起動したら、Resizable BARの設定をします。

cat20210404225630

起動すると、nVIDIAのコントロールパネルから設定が確認できます。

リサイズ可能なベース何たらの部分のようです。cat20210405205631

基本的にゲーム側の対応が必要みたいなのですが、3DMARKも変わるのかなと試してみると・・・

逆にベンチマーク自体が起動しなくなってしまった・・・。下の画面で止まったままになります。

cat20210411161809

うちの手持ちのゲームだと体感できるものもないのですが、本来は最大10%くらいパフォーマンスが上がることがあるようです。効果的に使われたソフトが出てくればいいのですが。

World of Warships 2021年3月の状況

緊急事態宣言がまた延長され、外に出る機会がずーっと無いままの1年ですね。ちょうど去年の3月から基本的に在宅勤務となり。会社には1年で10回も行かなかったとともいます。うちはWeb会議は頻繁に行われるのですが、カメラで顔出しもないので、上司の顔もいつ見たか忘れました。産マツモ4ヶ月も行ってませんw

そんな感じですので、ゲームの方は進みます。逆にあまり新しい機会ネタは無いですね~。

まずはステータスからです。今年に入って土日の分艦隊も定番化してきてかなり成績が上がっています。おかげでソロでの戦績を抜いてしまったので、ちょっとチート気味ですね。

cat20210306170106

ソロの方は連敗もあり、ぎりぎり勝ち越してる感じです。ランク戦は試しましたが全く勝てないので、ちょっと休止中。クラン戦はあまりメンバーが集まらずってところです。

cat20210306170145

チャートは総合結果です。勝率やPRもゆっくりですが上がってきています。ダメージも平均経験値も、ソロでも低ティアの戦闘をあまりしないようにしているので、順調に上がってる感じですかね。

cat20210306170313

ティア別は、T7辺りは改善したもののT9が厳しいのは引き続きです。T10も分艦隊での負けで52%切りました。うちらの分艦隊も、ここらはもうひと頑張り必要ですね。

cat20210306170338

記録が久々に更新されました。取得経験値と航空機撃墜数です。どちらも最近よく使っている船です。

cat20210306170418

今回増えた船は4隻ほど。旧正月のイベントが終わり、イタリア戦艦のイベントが始まりました。Twitchで先行でT4の戦艦はもらっていたのですが、ここでももらえるので、ほんの少しだけ先行配布ですね。

cat20210306165942

まずは、アメリカの艦艇から2隻です。

cat20210306165321

T10の軽巡洋艦ウースターです。これでやっとツリー艦のT10が5ラインそろいました。というわけで研究ポイントがもらえるようになりました。

cat20210306165430

アメリカ戦艦はあんまり使って無くて、フリーポイントで進めています。アップグレードモジュールもつけてないのでまだ進めていません。

cat20210306165449

研究局自体が表示されてなかったので、やっと中身も見れました。まぁポイントが貯まって船がもらえるようになるのは当分先だと思います。

cat20210306165630

続いてイタリアです。イタリアの戦艦はイベントで頑張ればT7辺りまでは取得できるようです。

cat20210306165350

T6のイタリア戦艦です。アンドレア・ドーリアと言うものです。SAP使えるのですが、とりあえず集めてからと置いてるだけです。

cat20210306165544

後ZARAが好調で、T8のアマルフィも手に入れました。こちらは艦長をなんとかしたいと思っています。このシリーズやっぱ強いような気がします。

cat20210306165602

なんだかんだで順調ではありますが、まだ4連敗が来たりと、安定しないこともありまだまでですね。

土日の日中は配信してることがあるので、どんなゲームかなって見たい人はこちらでどうぞです。

https://www.twitch.tv/x68000xvi

World of Warships 2021年2月の状況

今年に入って艦長スキル刷新という大きな変更がありましたが、徐々に落ち着いてきましたので、WOWSの状況を記録していきます。

ここ最近は、そこそこ登り基調でストレス少なく遊んでいます。まだまだ平均ティアが上がっていませんが、年末にはもう一段階上がるといいなぁ。(まだ年始ですが・・・

cat20210207112355

艦長の設定画面もガラッと変わりました。スキルも一律で無く、艦首ごとに大きく変わるようになっています。スキルポイントも21艦長までと、なかなかハードルが高いです。サービス期間が長くなると長くやってる人は飽きてくるので新しい要素は必要ですが、新規だと全然追いつかないしオンラインゲームは難しいですよね。

cat20210207113755

チャートではこんな感じです。艦長スキルが変わる前に20連敗近くして大きな坂があったのですが、その後徐々に盛り返してなんとか今の位置です。PRがさっぱり伸びてないので、活躍度合いが少ないのは気にしています。

cat20210207112601

使用艦種はあまり傾向は変わりません、まんべんなく使うので、1,2ヶ月だと大きく動かない感じです。

cat20210207112639

艦首ごとの勝率は駆逐艦が少し上がりました。このゲーム的には戦艦をやる人がものすごく増えて巡洋艦減っていますよね。残念ながら、まだどのタイプもPRがオレンジで低いです。

cat20210207112708

ティア別の統計では、かろうじて黄色までになっています。T9がまだまだまずい状況なのでや早く終わらせたいです。

cat20210207112742

年末からは3隻新しく増えました。

cat20210207112810

日本戦艦で、漸く出雲です。天城が本当に長くつらかったです。天城得意な人も多い中、自分は全くと言ってもいいほど勝てない船でした。辛かったので戦績晒しておきます。平均からも大きく落ちています。

cat20210207114657

出雲はなんとかアップグレードも搭載して実戦始めたところです。

cat20210207111724cat20210207111747

続いてフランスのサンルイです。この船今のところ勝率がかなりいい感じで進んでいます。防空も高くT8空母が当たったりすると超ラッキーって感じでバタバタと落としてくれます。

cat20210207111849cat20210207111909

最後はTwitchのプレミアムでもらえるイタリアのT4戦艦ダンテ・アリギエーリです。SAPが使える戦艦で面白そうなんですが、いかんせんT4なのでそれほど出番は無いかもです。アマゾンプライム契約してる人はとりあえず紐付けてもらっておくとよいとは思います。

cat20210207111826

今年に入って分艦隊も積極的に組むようにし始めました。クラン無いの強い人もとも組ましてもらっているので、引っ張ってもらっていますw

cat20210207112949

という感じの2021年のスタートです。

WindowsのRAIDで使っていた「ダイナミック 無効」のディスクを別のPCで読み込む(TestDisk)

新しいPCにHDDを追加しましたが、まだ余裕があるのでいろいろ過去ドライブをまとめていっています。

前に使っていたPCのミラードライブのHDDを、USBケースを使ってつないでみると、そのままじゃ読めないようです。元のPCにSATAでつなぐと片方でも読めるには読めますが、また戻すのも面戸なので新PCで直接読めるようにしてみます。

新PCに接続したら、ドライブが出てこないので、コンピューターの管理から見ると、ダイナミックで無効となっています。再アクティブを選んでも「無効なディスクパックでは許可されません」と出ます。ベーシックディスクに変換するを選ぶと中のファイルは、全部消してしまうようです。

で、検索してみるとどこもはんこを押したような有料ソフトの記事がたくさん出てきますが、中にはフリーでも使えるものがありました。
cat20210119101922cat20210119102005cat20210119102022


TestDiskと言うソフトです。サクッとダウンロードです。cat20210119102051


解凍して起動させると、CUIなインターフェースです。最初にlog作るかって聞いてくるので、そのままENTER

cat20210119102140


次にどのドライブって聞いてくるので、今回は一番下のUSB接続のドライブをカーソルキーで選んでENTER

cat20210119102224


パーティションのタイプ選択が来ますが、PCパーティションを選択。XBOXとかもいじれるようですね。

cat20210119102313


アナライズを選択

cat20210119102343


クイックサーチを選びます。

cat20210119102405


NTFSだねっ感じでENTER

cat20210119102426


最後にWriteを選んで、ほんとにに?って聞いてきたらYを返したら、1秒かからず終了です。

cat20210119102452cat20210119102521


後はUSBのドライブを抜き差しすると、無事にファイルも全部読み出せました。

cat20210119102610

メインマシンをFRONTIER(FRGAB550/F1/NTK)のBTOマシンに置き換えました。

メインの自作マシンを組み立てて10周年です。(当時の様子はこちら)Sandyで十分という「Sandyおじ」なんて言葉があるように、見事にそれを貫いていましたw。まぁゲームは、途中ゲーミングノートPCを2回入れ替えてますし、Blog更新や写真加工くらいだったので、スペック的には余裕だったんですよね。

ただ、物理的にも10年で、電源やらももう古いので買い換えることにしました。

今回は自作で組むのと、BTOもほとんど値段が変わらなかったので、BTOのマシンにしました。

cat20210109120804

構成は下記で、今流行のRyzen構成です。メインのPCがAMDなのはAthlon64ぶりですね。

これが税込み16.5万円に送料が3,300円(ちょっと高い・・・)でした。10年前は極端な円高もありましたが、グラボとかが値段上がりすぎな気がしています。3070って7万円位なんですよね。

cat20210110113108

最初は5900x+RTX3080買うんだ!と思っていたのですが、電気結構食うし、高いグラボは値下がり幅も大きいので妥協してしました。ちなみに交換前のCorei7 2600のマシンはメモリー16GBで、Geforce GTX 470、SSD120GBの構成でスタートでした。最終的には、メモリーが24GB、Geforce GTX 960、SSDは500GBだったので、メモリー容量なんかは今回の方が少ないです。HDDは前のマシンの6TB2本をそのまま付け替えました。

cat20210109123953

発注してから2週間弱で到着です。

cat20210110111314

しっかりとした梱包です。中身は割とシンプルですね。

cat20210110111350

このGAシリーズというのに使われているケースは、昔ながらのスチール製のATXケースで、流行の派手なゲーミングPCのケースとは真逆な感じです。入れ替える前のPCのケースの方がまだ新しく感じる位、古風な感じがします。

cat20210110111519

メーカー製らしく使わない端子はシールで封印とかあります。

cat20210110111406

開けてみるとこんな感じです。フロントパネルは、5インチベイ1つに、3.5インチベイが一つですが、ベースが汎用ケースなのか、中身はもっとたくさん入る感じになっています。前面のフロントパネルを変えればもっとベイは使えると思います。

配線類はきれいに束ねられていました。

cat20210109121258

今回はBTOといっても、カスタマイズしませんでした(カスタマイズするなら自分で交換した方が安いです)

CPUクーラーは標準品なので、ゲームをし出すと壮大な音を出してくれます。評判のよかったAMDの上位についているクーラーはフリマとかでも結構安く出回ってます。しばらくしたら交換するかもです。

cat20210110111620

グラボはASUSのDUALファンのタイプがついていました。構成の近いPCWatchのレビューだとMSIのでした。スペックは変わらないので、大きな違いは無いですが、売値はASUSの方が少し高いのとHDMIの端子が一つ多いです。

cat20210110111543

爆音と言われている電源ですが、確かにゲームし出すとうるさいですね。80plus GOLDクラスので電源らしいですが、平面の電源スイッチがなかったり、不要なケーブルを抜き差しできるプラグタイプじゃないので、コスト優先な感じがします。

cat20210110111603cat20210110111638

ケースの背面も昔ながらなタイプなので、バックパネルがあるタイプのCPUクーラーだとM/Bを取り外す必要があります。

cat20210110111946

とりあえず起動させてみます。

cat20210110111840

Windowsのライセンスは、最近では珍しく側面のプロダクトキーを入れるタイプでした。

cat20210110111708

ライセンスキーの文字はめちゃくちゃ小さいので、めんどくさいから、いきなり余ったWindows7のUltimateのライセンスを入れてPROに変更しちゃいました。

cat20210110111735

BIOSのバージョンは少しだけ古かったので、Precision Boost Overdrive 2(PBO2)対応させたいなとと、最新のものに入れ替えてみました。(2020/12/1の1.70)まだ対象じゃなかったようなのと、後からフロンティアのサイト見るとライセンス認証が外れるからBIOSのバージョンは上げないでって書いてましたwライセンス使ってないからいいかな・・・。

cat20210110111759cat20210110111815

続いて、軽くベンチマークを測りました。SSDはIntel SSD 665pシリーズのものでした。今使っているノートPCより読み込みは遅い感じです。このあたりも安くなってきているので、そのうち交換したいですね。

cat20210109123210cat20210109124026cat20210109123927

Ryzen 5 5600xは、65wの枠か80度までの枠で、必要なときはクロックが上がるようですが、騒音を気にしなければちゃんとクロックも上がっているようです。

cat20210109124053

普通のFireStrikeなんかは余裕ですが、4KになるとガクガクでRTX3070だと4Kがスムーズにはならなかったです。3080でも4倍速いわけじゃないので、もう少し先の世代じゃないとだめなのかなと思ったりします。

cat20210109125208cat20210109130340

RyzenはAMD純正のかっこいいツールとかも出ています。まだチューニングとか全然してないのですが、クロック下げると電圧も結構下げれるようなので、電気食わないようにも設定してみたいです。

cat20210110113149

YouTube用の動画はAdobeのPremiereElementsってのを使ってるのですが、有志の方々が作っているNVENCのプラグインとか入れないと、デフォルトはCPUエンコードなんですよね。でCPUエンコードさせてます。6コア使ってくれるようですが、正直i7の7700のノートに比べて早くなった感じは特段なかったです。このあたりはコア数が極端に多くないと変化が感じにくいかもしれません。

cat20210110094838

という感じで、HDDをメインPCから移し替えて各種設定中です。ライセンスの移動やらBlogwriterの設定やら、メモってないとやり方忘れて結構大変ですね。10年分設定したものを一気に戻すのは難しい・・・。

cat20210110112028

というわけで、手前の10年お世話になったPCは、余った3TBのHDDとか載せてレトロPC部屋に移動させます。あっちもWindows機あると何かと便利なんですよね。

cat20210109131435



よければ動画も・・・。

HPの詰まりまくるプリンターインクの修復

年賀状の季節ですが、ついつい年越しまで引っ張ってしまいます。どうせやるんだから早くしないとですね。

 

で、毎年この時期に位しか動かないプリンターですが、毎年ノズルが詰まります。HPのプリンターにしたのは、インクとヘッドが一体型で最悪インクを買い直したら使えることです。

が、毎回インクも沢山残ってるのに詰まって使えません。

 

インクのノズル部分に濡れたティッシュとかで何とか出だしたりするのですが、やっぱカスカスでした。検索してみるとこちらのページに超音波洗浄機で治る場合があると書いていました。※壊れる可能性もあります(と言ってもよっぽど雑にしなければ大丈夫だと思います)

cat20210104123307

 

残量はこんな感じ。

カラーは無かったので買いました。(無くなると、海賊版の可能性がありますとか言う表示もなんだか気に入りませんが)

cat20210104123357

 

ヘッド部分はこんな感じです。

cat20210104123423

 

ぬるま湯を少しだけ入れて洗浄します。終わったら、金属端子部分とかはよく拭きます。

cat20210104123411

 

その後、濡れたティッシュを当てて10回ほど強く振ると綺麗に出てきます。

cat20210104123326

 

HPのプリンタードライバーもインストールで余計な機能満載して、もの凄く時間が掛かったりします。他のメーカーそうかも知れませんがノズル調整とか言って、用紙とインク飛ばして、あげくにインク購入のネット販売リンクはこちらボタンを出すとか、ホントこの手の商売ってダメな感じがしますね。印刷品質も大事だと思いますが、動かす都度インク買わないとかだとさすがに使う気にならなくなりますよね。

 

不満も沢山ありますが、無事使えるようになって良かったです。業者さんのページが一番役に立ちましたありがたいです。

cat20210104124754

第10回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その3 企業・物販ブース #MI68

最後は「物販ブース」です。

 

FM音源老人会秋葉原支部さんのブースです。

2151Playerや4759Playerの組み立て済みの物や、基板を販売をされています。現場で電子顕微鏡を使いながら、組み立てされてたり装備からしてもの凄かったです。組み立てるのは相当難しいようですよね。

cat20201122142252

 

四谷さんに、旧版となった4759Playerのファームウェアのバージョンアップをお願いしたりしていました。

成歩堂 龍之介さんの自作パソコンについてもお話を聞きました。世間ではAMDのRyzenで自作PCとか騒がれていますが、AMD社x86互換プロセッサを使って、本当に自作パソコン作成にチャレンジされたそうですw。最近一部の高度な技術を持たれている方々の間では、流行っているようですが、私では全く追いつける見込みはありませんw。今回展示されていた自作パソコンは、NECのV30を搭載されて5MHz程で動作しているそうです。メモリーも512KB搭載とのことです。CPUボード、メモリーやIOのボード、音源ボードと3段重ねです。PMDのドライバーを動かして演奏デモされていました。このサイズ感でPC-98みたいな物が自作できるんですね。ブログの方に作成過程のお話が掲載されていましたので、是非見てみてください。

cat20201122142342

 

中川店長さんのブースです。

家電のケンちゃん秋葉原最終処分場で有名な中川店長のブースです。冊子とその電子版を販売されていました。到着したときは既に売り切れていました~。

cat20201122143651

 

喫茶リカルドさんのブースです。

X68000用のゲームプレイアブルな展示とMZ-1500用の新作ゲームが販売されていました。

MZ-1500用はちゃんとQD版です。うーんいつかは欲しいMZ-1500です。

cat20201122143712cat20201122151238

 

(有)マインドウェアさんのブースです。

ブースでは、市川さんせんすさんが、SPACE MOUSE2の実演販売をされていました。せんすさんが、気さくに話されていて、ゲームのルールを詳しく説明してくれます。かなりやり込んでるようでした。その場で買いたいところですが、うちは予算承認制なので、後ほどSteamで買ってみたいと思います。初代版や宇宙最大の地底最大の作戦とかは買っています。

市川さんは、古いゲームをそのまま出すだけで無く、新しいゲームを作っていきたいとのお話をされていました。その後のホバーアタックがずっと気になってるのですが、そこはなんとなく聞けなかったです。

cat20201122134428

cat20201122133639

 

ホビーパソコン友の会さんのブースです。

前田さん所の本もかなりの量になりましたね。ご本人は全部コレクション頂くと言うより、自分のハマった物を買って頂ければとのお話でした。買った本を持ち込んでサインを頂く方もいらっしゃいました。そういうのも有りですね~。

cat20201122125216

 

キーホルダーは、X68000のだけ速攻売り切れたようですwさすがMI68ですね。

cat20201122125227

 

本部の物販ブースです。

X68000の初代機をフルパワーアップされた展示です。RaSCSIまで内蔵されています。クロックアップやIPL-ROMの載せ替えH.A.R.P搭載やら思いつく物はすべて対応されている最強の初代機になっていました。

他にスーファミやメガドラパッドをアタリ仕様にされた物なども販売されていました。スーファミパット欲しいなぁと思っていたのですが、何処で売られてるのか気がつかず、見つけた頃には売り切れていました残念。

cat20201122135917

 

その他、PC-98互換機のエプソン機でラップトップやノート型に採用されたLスロット用のOPNAサウンドボードの販売がありました。(午後にはもう売り切れていました)

Lスロットは、ほぼCバスらしいのですが、2608のボードは結局販売されることも無かったので貴重ですね。PC-486NAVにTFT液晶が付いた状態の展示でしたが、とても綺麗な状態でした。この液晶コントロール基板と液晶自体のコンデンサーが液漏れするらしく、ビネガーの危険もあってまともに動く物がほぼ無いんですよね。

cat20201122132531cat20201122132735

 

イベント最後は、プレゼント抽選会です。

X-BASICで造られた抽選プログラムです。抽選券g配られ発券された番号までの人数調整が行われました。その場では88人居たようです。豪華な賞品からネタ賞品まで多数のプレゼントが配られました。私は・・・ネタ枠?ですが、美味しそうなイワシベースのソースが当たりましたw

cat20201122163033

 

今回の戦利品です。試運転さんに頂いた2Dの5インチドライブとか新4759Playerはまた別で紹介したいと思います。

cat20201122194130

世の中的にはあまり明るい話も無いのですが、今回も楽しいイベントでした。

またレトロPCも楽しんでいきたいと思います。運営者の方々、ブース出展された方々ありがとうございました!

 

動画でも簡単に紹介させて頂いています。

第10回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その2 プレイブース #MI68

続いて、プレイアブルコーナーです。

 

主催のあるきちさんのX68000とFM Townsです。毎回事前に稼働チェックなど準備だけでも大変そうなんですよね。

cat20201122162948cat20201122142130

 

プレイブースの展示紹介です。

 

MEGA-NEOπさんのブースです。

偽なすかさんの超技術の展示と、norixさんのアサルト風のファミコンゲーム展示です。

cat20201122124042cat20201122123328

 

ゲームはアサルト風ですが、操作はグラナダ風のBボタン押しながらで平行移動出来る移動方法でした。何よりびびるのは、背景のスムーズな回転、敵キャラクターの回転などがちらつきも無く表示されているところです。ゲーム自体は調整中とのことで、耐久力も多めでボス戦までたどり着きクリアできました。

cat20201122123342

 

最近ラズパイと合体したファミコンDOOMみたいな感じの作りらしいですが、独自の演算チップが別に搭載されていて、スムーズな回転処理が再現されています。実機でスムーズに動く所がすごいですよね。

cat20201122123301

 

ATALYNX☆あたりんくす@平成さんのブースです。

三郎さん家の愛猫フランソワ君を見てくれーって事だそうですw。8bitマシンにもかかわらず512KBのメモリーを拡張されています。動画自体はほぼディスクから読み込みっぱなしらしいですが、単色ながら結構スムーズに再生されます。

cat20201122124217cat20201122144022

 

レトロエクスプレス東本願寺派さんのブースです。

しばらく開催されていないレトロエクスプレスですが、6号の案内があったようです。自分は午後から参加したせいもあって残っていませんでした。

cat20201122142220

続きます。

第10回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その1 一般サークルブース #MI68

コロナで色々騒がれている時期ではありますが、約一年ぶりに開催された「第10回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K」に参加させて頂きました。

cat20201123102441

 

バーチャル出展(B-Cat Softwareさん・武者返し.comさん)などもありながら、間隔を広めにとっての開催です。今回も前売りチケットです。パスポートの名前は、Twitterのアカウント名になるようです。

cat20201123102524

 

今回は何かあったときの為に、保健所の指導あったそうで、名前や連絡先も伝える必要がありました。

cat20201122122905

 

まずは、「一般サークルブース」から軽く紹介させて頂きます。

 

Mercury日本橋さんのブースです。

DECの「PDP-8命令互換プロセッサHD-6120」のArduino Mega2560用評価回路展示とラズパイのエミュレータを展示されていました。cat20201122141037

 

Raspberry Piのエミュレーターは海外の方がケースも販売されているそうです。どのタイプのラズパイでも接続出来るそうですが、3,4の様な高性能なタイプを接続すれば、LEDランプが本物のランプの揺らぎまでエミュレートされているそうです。

cat20201122141227

 

LIPSさんのブースです。

いつの間にかTwitterも始められていました。

cat20201122125856

 

ArduinoベースのArduboyでゲームを作られていました。ミサイルコマンドを作るつもりが、ミサイルのLINEが出ず弾になって、ロボット本体を動かしながら都市を守るSDI形式なゲームになっていました。今回も冊子のアルドゥボーイファンを販売されていました。プログラムを打ち込むのは大変なのでと、ダウンロード出来るアドレスが掲載されていました。

cat20201122125824

 

後、今回間に合わなかったと言う、PC-1500のゲームです。

cat20201122130129cat20201122130301

何か判ります?

そう、マッピーです。一番上からマッピーのキャラクターの特徴を捉えられたドット絵になっていますよね。上を1段開けているので高さ7ドットで再現されているとのことです。ある程度の処理までは作られたそうなのですが、今回は間に合いませんでしたとのことです。

 

無言の帰宅部さんのブースです。

シンクライアント端末にRaspberry Pi Desktop for PCやChromeOSを載せたりして遊ばれているようです。この手の端末は安く売られていることもあるので、安価で遊べますね。

cat20201122162848cat20201122162914

 

Sonic Worksさんのブースです。

ゼビウスをエースコンバットの操作性で再現された物でです。かなり自由に動ける分、かなり難しいです。とてもアンドアジェネシスまでたどり着けませんでした。ジェード処理されて影も綺麗に再現されていました。

cat20201122124758

 

他にも電気自動車の3Dレースゲームの展示もありました。こちらは無償で公開もされています。作られた方は、若い方で就職活動してますとのことでした。

cat20201122124800

 

大往生さんのブースです。

毎度おなじみのモバイルXVI参戦されています。SFXVIも毎年その年の話題の物が取り入れられたりと、精力的に活動されています。

cat20201122130933

 

モバイルX68000XVIも、ワイヤレスゲームパッドやUSB変換マウス、MIDIはiPad接続で、最近安く売られている、簡易ミキサーでミキシングと、今の時代の物をドンドン取り入れられて未だに進化しています。XVI自体は販売当初から購入されて以来ずっとメンテ、パワーアップされているとのことです。電源だけでも4回メンテされたそうです。モバイルで持ち歩かれているので、キャリーバッグなどで運ぶと振動でメモリが緩んだりとか、渡り歩いた経験値も貯められているようです。コミケなどでは電源が無いので、100V出力の有るバッテリーを持ち込まれて4時間ほど駆動させているとのことでした。

cat20201122131354

 

アキハバラ@BEEP 出張所さんのブースです。

X68000XVIが2台とMSXです。XVIでは、丁度発表されたPC-88版をベースにされた「Ys I&II(For X68000)(仮)」の展示がありました。

cat20201122125434cat20201122125357

続きます。

Corei7-2600のメモリーをもうちょっとOC

折角メモリーがPC-3 12800になったので、そっちもちょっとOCクロックしました。ノーマル2600は倍率固定でMAX43倍なので、CPUは4.3GHzくらいまでです。

cat20201031100412cat20201031100430

 

ベンチマークも気持ちだけですが、数字が上がりました。Corei7-4770+Geforce GTX 960が19,566です。

cat20201031095823

 

Corei7-4770+Geforce GTX 960だと6,749です。

cat20201031100239

CPU:Corei5-4440->Corei7-4770 MEM:8GB->16GB SSD:128GB->250GBへ交換 Corei7-2600とも比較

大阪の友人のPCの調子が悪くなり、新しいシステムに入れ替えたそうです。今時なので、Ryzenマシンになったようです。そして不安定になった古いマシンのパーツ(Corei7-4770やDDR3のメモリー8GB×4枚)を譲って貰いました。

cat20201010150831

 

おまけにRyzenシールが付いていました。

cat20201010155855

 

交換するのはリビング用のPCです。ATXのM/Bが入るのですがかなり使い勝手が悪く、パーツ交換作業をあまりやりたくないタイプです。

cat20201010150902

 

ぐちゃぐちゃした電源ケーブルの下に、SSDが埋まっています。SSDは裏からネジを止めたりと、かなり使いにくいです。

グラボはGeforce GTX 960です。偶々ですがこのボードも同じ友人に譲って貰ってたので、奇しくも友人のパーツで殆ど構成された感じですね。

cat20201010151007cat20201010151205

 

M/BにHDDや光学ドライブもかぶるし、強度のための支柱も結構邪魔です。

cat20201010150947

 

交換するSSDはSamsungのなので、メーカーのコピーツールでコピーして入れ替えます。これは、かなり簡単で便利なツールです。

cat20201010151140cat20201010124140

 

今回のM/Bはメモリーが2枚しか刺さらないので、4GB2枚だった構成を、8GB2枚にします。16GBでも充分だと思います。

cat20201010151217

 

CPUも交換しました。純正の4440のCPUファンをそのまま使っていますが、オーバークロックするわけでも無いので、多分大丈夫でしょう。

cat20201010151351

 

元はこんな感じです。AVX2でWeb会議の背景が変えれるってのが多いんですよね。

cat20201010122023

 

交換後です。

cat20201010135334

 

今回はメモリーを有効活用させていただくために、Corei7-2600の4GB×4枚だったのを、2枚交換して24GBになりました。

cat20201010142858

 

2600はオーバークロックしているので、ちょっぴり早くなっています。

cat20201010151420cat20201010151436

 

早くなったか確認するために、事前にベンチマーク結果を取っておきました。

cat20201010151041

 

元のSSDです。

cat20201010122053cat20201010122040

 

SATA2みたいな速度だと思ったら、SATA2に刺さってました。なんてこったい。

cat20201010151311

 

HDDもぶら下がってるので一応取っておきます。NASから外したので使用時間だけは長いです。古いから遅いですね。

cat20201010122109cat20201010122125

 

交換後のSSDです。昔2600につけていたSSDです。ちゃんとSATA3につなぎ直しておきました。まだHaswell時代もSATA2が残ってたんですね。

cat20201010135352cat20201010135407

 

3DMARKです。

Corei5-4440+Geforce GTX 960です。

cat20201010123125

 

Corei7-4770+Geforce GTX 960です。

cat20201010140424

 

Corei7-2600(OC)+Geforce GTX 960です。うちは960が2枚なんですよ。

cat20201010144154

 

Corei5-4440+Geforce GTX 960です。

cat20201010123604

 

Corei7-4770+Geforce GTX 960です。

cat20201010140850

 

Corei7-2600(OC)+Geforce GTX 960です。

cat20201010143745

Sandyおじさん丸出しで、まだ行けるなんて思ってましたが、さすがにもう厳しくなりましたね。Haswellの頃は進化が遅かったんですよね。省電力にはなっていますが。

交換したPCの方は、Corei5からは確実に早くなってるしありがたいです。折角なので、GPUの方をもう少しだけパワーアップして5年前のハイエンドくらいにはしたいところですかね~。


Phenom II(965BE)をWindows10に

Phenom IIが乗ったマシンは、Windows7の32bitでそのまま放置していました。何かで7の環境も使うかなとそのままです。10でもそれなりに動くようになっているので、セキュリティーも考えて10(32bit)にしてみました。

もっとも、中々バージョンアップ出来ず失敗ばかりで、在宅勤務の合間で作業してたら3日ほどかかりました。7側のパッチをある程度当ててからで無いと、上がらなかったです。

cat20200920091545

 

中身は寄せ集めパーツです。元々AthlonIIが載ってたものに色々組み替えています。ケースもマウスコンピューターの物を流用しています。

グラボも余ってたGeforce GTX 470です。Radeon HD 5850が載ってたのですが、処分してしまいました。あっちでもよかったかもですが。

cat20200920091804cat20200920091736cat20200920091717

 

HDDの使用時間は220時間ほどです。今回の作業が長引いたので、30時間は増えたと思います。あんまり使ってないのがよくわかります。

cat20200920092357

 

Phenom II(965BE)は4GHz超えた!なんて記事を当時はよく見たのですが、うちのは10%上げるのが精一杯です。電圧下げたら即ブルースクリーンです。ハズレ個体ですよね。

cat20200920091923

 

元が古いので古めのベンチマークから試します。当時の物は全然問題無いですね。10年前ならハイスペックマシンって感じです。

cat20200920091944

 

FINAL FANTASY XIVのベンチもこんな感じで大丈夫です。

cat20200920091958cat20200920092053cat20200920092038

 

スト2 IVも軽いですよね。

cat20200920092109cat20200920092126cat20200920092139

 

3DMARKはこんな感じ。バージョン上げたら古いベンチ無くなってました。

バージョンも違うので何ですが、AthlonII X2 240+Radeon HD 5850のもHDDの残ってたので貼っておきます。

cat20200920092206cat20200920092218cat20200920092239

 

当時遊んでたDart3もフルHDの最高画質でこんな感じなので充分遊べます。

cat20200920092412

と、またお片付けしておきました。さすがにSSDでも無いと、色々遅く感じてしまいます。

SN95G5 V3(キューブ型)Athlon 64 X2 3800+マシン

部屋の整理をしていたら埋もれていたPCが出てきたので簡単に弄ってみました。

cat20200725135046

 

Windows7の深夜発売のイベントで買ってきた物です。組み立てたのは2009年のようです。

cat20200725135106

 

このPC、アナログの音が出ないです。(音が小さく出たり、全く出なかったり)

cat20200725135132

 

グラボもAGPしか使えなくてRADEON HD 3650 AGPという変わったのが載っています。ドライバーがPCIExpress版のじゃあ使えないんで厄介なんですよね。

cat20200725135149

 

ソケット939なのでメモリーもDDRです。2GB積んでいますが、2スロットしかないので使いにくいですね。

cat20200725135203

 

内蔵電池も切れていたので交換しました。

cat20200725135231

SATAは付いていますが、初期の物でSATA1(口は2つ)です。光学ドライブはIDE前提のケーブル配置です。SATAの電源コネクターも一つしか付いていません。色々残念なところが多いマシンです。

 

デジタルアウトで音が出ると言っても不便なので、サウンドブラスター2 ZSをつけてみました。

cat20200725135248

 

今でもブラスターのドライバーアップデートとかちゃんと動くんですね。が、結局音楽再生とかしたらブルースクリーンになったりするので、あきらめて安いカードに付け直しました。一応フルHDの動画でもアクセラレーターのおかげが再生がギリギリ間に合うようです。

cat20200725135347cat20200725135357

 

PHOENIXのBIOSも昔なら散々見たのに、こんな地味なのはすっかり無くなりましたね。

cat20200725135322

 

 

CPUはAthlon 64 X2 3800+(2GHz)です。HDDは3.5インチの500GB。SSDに付け直しても良いのですが、お金かけるところ??ってのはありますよね。128GBのSSDとかかなり安くなっていますが、やっぱり256GBは欲しいですし。

cat20200725135431cat20200725135450

 

入ってた古めのベンチも実行。

FinalReality

cat20200725135511

 

ガンダムベンチ

cat20200725135526cat20200725135541

 

ゆめりあベンチ

cat20200725135552cat20200725135601

 

FF3ベンチ

cat20200725135612cat20200725135637

 

3Dのゲームもそこそこ遊べるので、Windows98からXP初期のゲームくらいまでですかね。

cat20200725135657

 

最後にオーバークロックもしてみましたが、電圧変えないままだと2.1GHzくらいまでのへたれ仕様でした。

Athlon64もフリマとかで偶に安く出てますがソケット939用なのか?とか、この時代のAthlon64は、判りにくくてパワーアップも微妙ですよね。

cat20200725135715

そしてまた掃除して、片付けました。

K6-IIIE+ & P5A-B(BabyAT)を久々に出してきたら・・・

GWも引きこもり期間なので、あまり触らないマシンを取り出してきました。自分が組み立てた自作機2番目のケースを利用したマシンでした。最初はPentiumの166MHzをオーバークロックで200MHzとして使っていましたが、M/B類も色々入れ替わっています。でもATのM/Bで今となっては珍しいかも知れません。

 

PCケースのエンブレムっていつの間にか無くなりましたよね。cat20200504213652

 

光学ドライブはケースの目隠し蓋がないので、二つつけています。1つはDVD-RAMをキャディーで入れるタイプのドライブです。フロッピーは配線していません。cat20200504213611

 

ケースの裏を見れば、判る人ならATXとすぐ判る違いがありますよね。キーボードもAT仕様なので、PS/2端子への変換のやつをつけています。cat20200504213720

 

M/Bが引き出せたりします。割と小さめなケースなんですよね。cat20200504213738

 

古めのゲームはやっぱvoodooだろうとvoodoo3を出してきました。サクッと入れ替えて遊ぼうと思ったのですが、起動させるとHDDのRapterが死亡したようで起動せず・・・。cat20200504213546cat20200504213755

 

SSDに付け替えて一からインストールするもののブルースクリーンが出るわで大変です。

少し端折りますが結局2日かけて、SATAボードはあきらめまて、IDEのDISKをつけました。前はこんなに不安定じゃ無かったと思ったのに・・・。

cat20200504213818

 

Voodoo3もヒートシンクを触るとめちゃくちゃ熱いので、このままファン無しは厳しそうとGeforce2のSpectra8400に付け替えました。

何とか落ち着いてベンチマークとかです。

 

FINAL REALITYは、当時抜群に出来が良かったベンチマークですよね。

cat20200503154049cat20200504213937

 

HDBENCHは、外人さんに聞いたら3D系のベンチが出回る前は、アメリカでも結構流行ってたよとのことでした。

cat20200504213850

 

3DNARK 99です。3DMARKはこの辺り毎年のように新作を出していましたよね。定番のベンチマークソフトになりましたよね。

cat20200504213958cat20200504214018

 

WINAMPとか。時代も2000年付近の曲に。

cat20200503152830

 

Windows9x系はDOSゲームも動くので、遊ぶマシンとしては良いですね。古いから色々不安定ですが・・・。

cat20200504214048

令和最初の秋葉原

元号も変わったので秋葉原に出かけてきました。

特に変わったことも無く人も沢山来ていました。ここ最近は、レトロ系のお店ばかり回っているので、秋葉へ行く目的も変わってきました。レトロコンシューマーゲームの方は、相変わらず海外の方が沢山いました。

cat20190501132128cat20190501135203

 

そしてオープンから行きたくて中々行けなかった、「秋葉原最終処分場」ってお店に行ってきました。

ジャンクのMAC用のキーボードとFA-32って言うCASIOのMX-10/101用のカセットインターフェースが売ってたので買って来ました。これだけ出てくる事ってあんまり無いのでラッキーです。

cat20190502093714

 

MSXのカセットソフトも面白いよ~なんて声も聞こえましたが高そう・・・。2本ばかり持ってたソフトはV-10と共に捨ててしまいました・・・。

cat20190502093817

 

カセットインターフェースを内蔵してそうでしてないのが惜しい。完全にゲーム用ですね。

cat20190502093832

自作機のSSDを入れ替え(バックアップソフトのイーザスソフトウェア利用)

最近SSDの価格が随分安くなり、500GBクラスは当たり前で1TBクラスも何とか狙えるようになってきましたね。

自分の自作機は、先日HDDを交換しましたが、データドライブだったので、Windows上からそのままコピーしました。今回はCドライブのSSDを入れ替えることにしました。

cat20190421154406

 

手持ちのSSDです。250GB程から480GBに変更です。

cat20190421154444

SSDを入れ替えて、OSを一からインストールし直すのは、環境設定し直しが凄く手間なので、今の環境を丸ごとコピー(クローン)して入れ替えることにします。

今回はEaseUS Todo Backup Home 11.5と言う物を使います。

 

1回のクローンなら、フリーの体験でも可能ですが、普段からバックアップ取ったりする場合は、ライセンスを購入する必要があります。機器の入れ替えが多い人は、この手の製品では安い方だと思いますので、一つあっても便利かと思います。

cat20190421154920

 

ソフトをダウンロードしたらインストール開始です。

cat20190421155227

 

SSDを取り付けます。入れ替え前なのでちょっと雑にぶら下げます。※接続作業は電源は切った状態で行います。

cat20190421160008

 

SSDの接続が終わったら、ソフトを起動させます。初期画面はこんな感じです。今回は赤い丸のクローン機能を使用します。

cat20190421155800

 

コピー元のドライブをチェックします。※絶対にドライブを間違えないように。

cat20190421194757

 

続いてコピー先を選ぶとき、高度なオプションと編集を選びます。cat20190421160302

 

高度なオプションでは、SSDに最適化をチェック。

cat20190421160332

 

編集では、コピー先のサイズ変更を行います。容量部分をマウスで引っ張れば入れ替え先の容量を拡大できます。

cat20190421161109

 

容量変更も終われば実行ボタンでクローンスタートです。くれぐれもコピー元と先を間違えないようにです。

cat20190421161325

 

しばらくするとコピーが終わります。時間は最初10分くらいと出ましたが、結局40分ほど掛かりました。※200GB程利用

cat20190421171624

 

完了を押してコピー元のSSDと付け替えて起動させます。

cat20190421171944

 

空きの容量も一気に増えて快適に使えます。

cat20190421171716cat20190421205753

 

今回利用したツールの場所です。

【EaseUS(イーザス)公式サイト】

EaseUS Todo Backup Home 11.5

東京理科大学近代科学資料館 その3

パソコンやゲームだけで無く、計算する装置の展示が並んでいます。

 

 

こちらはCPUの変遷で、実際の物が展示されています。

ザイログZ80やら

cat20190328104758

 

モトローラーのCPU

cat20190328104732

 

もちろんインテルシリーズも沢山展示されていました。

cat20190328104739

 

記録媒体の展示もあります。穿孔テープから光学メディアまで幅広くあります。

cat20190328104626

 

ボード型マイコンの展示もいくつかあります。この辺りも中々実物は見てないです。

cat20190328104925cat20190328104929

 

電卓の展示もありますが、当然ポケコンの展示も含まれています。

cat20190328104251cat20190328104336

 

 

少し経路の違うエンジェルノートです。エンジェルラインで自分も応募したけど外れたんですよね。どんなことが出来たのか興味あったんですが・・・。結局普及しなかったですよね。

cat20190328104316

 

自分の興味が有る物から紹介しましたが、展示自体はそろばんや、計算尺、機械式計算機からもの凄い数の電卓や汎用機まで、様々な展示がありました。

cat20190328103533cat20190328104029cat20190328104358cat20190328104403cat20190328104438

 

他にも音楽機器や媒体の展示もありました。

レコードからテープ、CDやMD・DATなんかの展示です。

 

cat20190330191736

 

また、リニューアルされたらどうなるか楽しみにしておきます!

近代科学資料館のページはこちらです。



館内様子はこちらです。

東京理科大学近代科学資料館 その2

IBM 5110です。某ゲーム(アニメ?)で有名になったIBM5100の後継機みたいです。eBayとか検索したら出てきますね。奥行きがこんなに長いとは知りませんでした。

cat20190328104124

 

コモドールのPETです。MZはコレを参考にしたとか聞いたことあるのですが、さすがに古すぎてその辺りの事情は全然判らなかったです。

cat20190328103152

 

ベーシックマスター レベル3です。フロッピーとかも有ったんですね。かなり巨大。本体もこんなに大きかったんですね。

cat20190328103027

 

PC-8001です。友人がmkIIを使っていました。自分はMZ-1200だったので、カラーが出ることや英語の小文字が出るだけでも凄いなぁと思っていました。

cat20190328102846

 

MZ-80Bです。MZ-1200を買ったら、J&Pのパソコン講習会1日券もくれて80Bでの講習でした。パソコンサンデーも80Bの時に見始めました。

cat20190328103938

 

FM-7です。友達の家のNEW7でかなり遊ばせて貰いました。FM音源やフロッピーまで増設されて、MZ-1200に比べて格段に進化したマシンのイメージがありました。この頃はまだCPUが堂だとか全然気にもして無くて、色が綺麗とか音が凄いとか思っていたレベルです。

cat20190328102816

 

MSXもMZから比べたら安くて凄いなぁと思う反面、ROMカセットのゲームがファミコンよりしょぼく感じてたのは事実です。

cat20190328102639

 

時代が少し飛んでいますが、東芝のT-1200です。T-1100の方は知っていましたが、後継モデルですかね。ダイナブックを作ったきっかけのマシンですよね。

cat20190328102304

 

J-3100です。会社のプラズマモニターのJ-3100捨てるときにもらっておけば良かったなぁ~(当時は廃棄パソコンとかざるだったので・・・)何だかんだで、AXパソコンは仕事で使いましたがJ-3100の環境はよくわからないままでした。

cat20190328102308

 

PC-9801シリーズも沢山展示されていました。H98シリーズも後々興味が出ましたが、設定ディスクや専用モニターとか無いとかなり苦労するようなので、あきらめました。まぁこれ用のソフトで使いたい物が有るわけでは無いので、良いかって感じです。

cat20190328102832

 

98ノートはNSの展示でした。自分の始めて買ったノートPCじゃNS/Tです。この頃の液晶はまだ青色ですよね。

cat20190328102702

 

AppleIIcは雑誌で格好いい!!と思いましたが、なんせ子供の頃にはハードルが高すぎます。情報も今みたいに簡単には手に入らない時代だったと思います。

cat20190328103942

 

Macは、Classicくらいから見出したので、初期のマシンは殆ど知らないです。車買える感じという印象です。Classic蚕路は中古でも並んでいたのですが、カラー化も始まっていたのであまり見なかったと思います。

cat20190328102758

 

IICiはクアドラ700に入れ替えたりと、当時はめちゃくちゃ高い物のLogicボード交換サービスとかあったんですよね。大事に使っていた人も多いような気がします。

cat20190328102802

 

その他の展示については、その3に続きます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク