FC2ブログ

CPU:Corei5-4440->Corei7-4770 MEM:8GB->16GB SSD:128GB->250GBへ交換 Corei7-2600とも比較

大阪の友人のPCの調子が悪くなり、新しいシステムに入れ替えたそうです。今時なので、Ryzenマシンになったようです。そして不安定になった古いマシンのパーツ(Corei7-4770やDDR3のメモリー8GB×4枚)を譲って貰いました。

cat20201010150831

 

おまけにRyzenシールが付いていました。

cat20201010155855

 

交換するのはリビング用のPCです。ATXのM/Bが入るのですがかなり使い勝手が悪く、パーツ交換作業をあまりやりたくないタイプです。

cat20201010150902

 

ぐちゃぐちゃした電源ケーブルの下に、SSDが埋まっています。SSDは裏からネジを止めたりと、かなり使いにくいです。

グラボはGeforce GTX 960です。偶々ですがこのボードも同じ友人に譲って貰ってたので、奇しくも友人のパーツで殆ど構成された感じですね。

cat20201010151007cat20201010151205

 

M/BにHDDや光学ドライブもかぶるし、強度のための支柱も結構邪魔です。

cat20201010150947

 

交換するSSDはSamsungのなので、メーカーのコピーツールでコピーして入れ替えます。これは、かなり簡単で便利なツールです。

cat20201010151140cat20201010124140

 

今回のM/Bはメモリーが2枚しか刺さらないので、4GB2枚だった構成を、8GB2枚にします。16GBでも充分だと思います。

cat20201010151217

 

CPUも交換しました。純正の4440のCPUファンをそのまま使っていますが、オーバークロックするわけでも無いので、多分大丈夫でしょう。

cat20201010151351

 

元はこんな感じです。AVX2でWeb会議の背景が変えれるってのが多いんですよね。

cat20201010122023

 

交換後です。

cat20201010135334

 

今回はメモリーを有効活用させていただくために、Corei7-2600の4GB×4枚だったのを、2枚交換して24GBになりました。

cat20201010142858

 

2600はオーバークロックしているので、ちょっぴり早くなっています。

cat20201010151420cat20201010151436

 

早くなったか確認するために、事前にベンチマーク結果を取っておきました。

cat20201010151041

 

元のSSDです。

cat20201010122053cat20201010122040

 

SATA2みたいな速度だと思ったら、SATA2に刺さってました。なんてこったい。

cat20201010151311

 

HDDもぶら下がってるので一応取っておきます。NASから外したので使用時間だけは長いです。古いから遅いですね。

cat20201010122109cat20201010122125

 

交換後のSSDです。昔2600につけていたSSDです。ちゃんとSATA3につなぎ直しておきました。まだHaswell時代もSATA2が残ってたんですね。

cat20201010135352cat20201010135407

 

3DMARKです。

Corei5-4440+Geforce GTX 960です。

cat20201010123125

 

Corei7-4770+Geforce GTX 960です。

cat20201010140424

 

Corei7-2600(OC)+Geforce GTX 960です。うちは960が2枚なんですよ。

cat20201010144154

 

Corei5-4440+Geforce GTX 960です。

cat20201010123604

 

Corei7-4770+Geforce GTX 960です。

cat20201010140850

 

Corei7-2600(OC)+Geforce GTX 960です。

cat20201010143745

Sandyおじさん丸出しで、まだ行けるなんて思ってましたが、さすがにもう厳しくなりましたね。Haswellの頃は進化が遅かったんですよね。省電力にはなっていますが。

交換したPCの方は、Corei5からは確実に早くなってるしありがたいです。折角なので、GPUの方をもう少しだけパワーアップして5年前のハイエンドくらいにはしたいところですかね~。


スポンサーサイト



Phenom II(965BE)をWindows10に

Phenom IIが乗ったマシンは、Windows7の32bitでそのまま放置していました。何かで7の環境も使うかなとそのままです。10でもそれなりに動くようになっているので、セキュリティーも考えて10(32bit)にしてみました。

もっとも、中々バージョンアップ出来ず失敗ばかりで、在宅勤務の合間で作業してたら3日ほどかかりました。7側のパッチをある程度当ててからで無いと、上がらなかったです。

cat20200920091545

 

中身は寄せ集めパーツです。元々AthlonIIが載ってたものに色々組み替えています。ケースもマウスコンピューターの物を流用しています。

グラボも余ってたGeforce GTX 470です。Radeon HD 5850が載ってたのですが、処分してしまいました。あっちでもよかったかもですが。

cat20200920091804cat20200920091736cat20200920091717

 

HDDの使用時間は220時間ほどです。今回の作業が長引いたので、30時間は増えたと思います。あんまり使ってないのがよくわかります。

cat20200920092357

 

Phenom II(965BE)は4GHz超えた!なんて記事を当時はよく見たのですが、うちのは10%上げるのが精一杯です。電圧下げたら即ブルースクリーンです。ハズレ個体ですよね。

cat20200920091923

 

元が古いので古めのベンチマークから試します。当時の物は全然問題無いですね。10年前ならハイスペックマシンって感じです。

cat20200920091944

 

FINAL FANTASY XIVのベンチもこんな感じで大丈夫です。

cat20200920091958cat20200920092053cat20200920092038

 

スト2 IVも軽いですよね。

cat20200920092109cat20200920092126cat20200920092139

 

3DMARKはこんな感じ。バージョン上げたら古いベンチ無くなってました。

バージョンも違うので何ですが、AthlonII X2 240+Radeon HD 5850のもHDDの残ってたので貼っておきます。

cat20200920092206cat20200920092218cat20200920092239

 

当時遊んでたDart3もフルHDの最高画質でこんな感じなので充分遊べます。

cat20200920092412

と、またお片付けしておきました。さすがにSSDでも無いと、色々遅く感じてしまいます。

SN95G5 V3(キューブ型)Athlon 64 X2 3800+マシン

部屋の整理をしていたら埋もれていたPCが出てきたので簡単に弄ってみました。

cat20200725135046

 

Windows7の深夜発売のイベントで買ってきた物です。組み立てたのは2009年のようです。

cat20200725135106

 

このPC、アナログの音が出ないです。(音が小さく出たり、全く出なかったり)

cat20200725135132

 

グラボもAGPしか使えなくてRADEON HD 3650 AGPという変わったのが載っています。ドライバーがPCIExpress版のじゃあ使えないんで厄介なんですよね。

cat20200725135149

 

ソケット939なのでメモリーもDDRです。2GB積んでいますが、2スロットしかないので使いにくいですね。

cat20200725135203

 

内蔵電池も切れていたので交換しました。

cat20200725135231

SATAは付いていますが、初期の物でSATA1(口は2つ)です。光学ドライブはIDE前提のケーブル配置です。SATAの電源コネクターも一つしか付いていません。色々残念なところが多いマシンです。

 

デジタルアウトで音が出ると言っても不便なので、サウンドブラスター2 ZSをつけてみました。

cat20200725135248

 

今でもブラスターのドライバーアップデートとかちゃんと動くんですね。が、結局音楽再生とかしたらブルースクリーンになったりするので、あきらめて安いカードに付け直しました。一応フルHDの動画でもアクセラレーターのおかげが再生がギリギリ間に合うようです。

cat20200725135347cat20200725135357

 

PHOENIXのBIOSも昔なら散々見たのに、こんな地味なのはすっかり無くなりましたね。

cat20200725135322

 

 

CPUはAthlon 64 X2 3800+(2GHz)です。HDDは3.5インチの500GB。SSDに付け直しても良いのですが、お金かけるところ??ってのはありますよね。128GBのSSDとかかなり安くなっていますが、やっぱり256GBは欲しいですし。

cat20200725135431cat20200725135450

 

入ってた古めのベンチも実行。

FinalReality

cat20200725135511

 

ガンダムベンチ

cat20200725135526cat20200725135541

 

ゆめりあベンチ

cat20200725135552cat20200725135601

 

FF3ベンチ

cat20200725135612cat20200725135637

 

3Dのゲームもそこそこ遊べるので、Windows98からXP初期のゲームくらいまでですかね。

cat20200725135657

 

最後にオーバークロックもしてみましたが、電圧変えないままだと2.1GHzくらいまでのへたれ仕様でした。

Athlon64もフリマとかで偶に安く出てますがソケット939用なのか?とか、この時代のAthlon64は、判りにくくてパワーアップも微妙ですよね。

cat20200725135715

そしてまた掃除して、片付けました。

World of Warships 2020/07の状況

2ヶ月経ってコロナも落ち着くかと思いましたが、さっぱりですね。相変わらず在宅勤務が続き、秋葉にも全く行けないままです。
早く、普通に秋葉巡りもしたのいのですね。

と言うわけでWOWSの進捗です。と言っても5月で下がりかけの成績が、ますますひどくなると言う、どうしようも無い感じです。


PRが伸びてるのはこのサイトのバグです。ダメージが伸びてるのは生き残って敵に囲まれてるからってのはあると思います。


艦種別も、メインの巡洋艦がガタガタです。


T9も完全に50%切りました。T5からやり直しですかね。このティアではちゃんと戦果出せないって事だと思います。


船は少しだけ増えました。


意識したわけじゃ無いですが、ソ連ツリーが増えてます。


ミンスクは久々に面白い駆逐艦ですね。むちゃくちゃ高速なので動き回れます。まだ艦長が隠蔽取れてないのに、T9戦場に連れて行かれることも多くて、それなりにきついですが空母さえ居なければ楽しいです。


ドンスコイは、モスクワまでたどり着けませんでした。勝率は50%で推移です。こちらも艦長はスキル10が無いので、到達する頃に次に進めるかな・・・。


キーロフは勝手にプレ艦になりました。元々気に入ってる船だったので、迷彩無料は良いかもしれません。気分転換に乗ります。


イギリスも1隻だけ進みました。


ジャトランドです。前しか砲が無いんですが、迷わないからこれも良いかな。スピードが遅めなので、行き場所間違えるとちょっと大変かな。艦長スキルは10なのでなんとかやっています。


先日始まったクラン戦は、T6って船は一杯有りますが、どんなのだったか忘れ気味なので、いろいろ順番に試してます。まだ始まったところで、強いクランも多いので負けが続いていますが、少ししたら上位は上がって行くので落ち着くでしょう。


一応配信もしてたりするので、音声はディスコードで分離してしまっているので流れませんが、どんなゲームかなって人は覗いてみて下さい。

K6-IIIE+ & P5A-B(BabyAT)を久々に出してきたら・・・

GWも引きこもり期間なので、あまり触らないマシンを取り出してきました。自分が組み立てた自作機2番目のケースを利用したマシンでした。最初はPentiumの166MHzをオーバークロックで200MHzとして使っていましたが、M/B類も色々入れ替わっています。でもATのM/Bで今となっては珍しいかも知れません。

 

PCケースのエンブレムっていつの間にか無くなりましたよね。cat20200504213652

 

光学ドライブはケースの目隠し蓋がないので、二つつけています。1つはDVD-RAMをキャディーで入れるタイプのドライブです。フロッピーは配線していません。cat20200504213611

 

ケースの裏を見れば、判る人ならATXとすぐ判る違いがありますよね。キーボードもAT仕様なので、PS/2端子への変換のやつをつけています。cat20200504213720

 

M/Bが引き出せたりします。割と小さめなケースなんですよね。cat20200504213738

 

古めのゲームはやっぱvoodooだろうとvoodoo3を出してきました。サクッと入れ替えて遊ぼうと思ったのですが、起動させるとHDDのRapterが死亡したようで起動せず・・・。cat20200504213546cat20200504213755

 

SSDに付け替えて一からインストールするもののブルースクリーンが出るわで大変です。

少し端折りますが結局2日かけて、SATAボードはあきらめまて、IDEのDISKをつけました。前はこんなに不安定じゃ無かったと思ったのに・・・。

cat20200504213818

 

Voodoo3もヒートシンクを触るとめちゃくちゃ熱いので、このままファン無しは厳しそうとGeforce2のSpectra8400に付け替えました。

何とか落ち着いてベンチマークとかです。

 

FINAL REALITYは、当時抜群に出来が良かったベンチマークですよね。

cat20200503154049cat20200504213937

 

HDBENCHは、外人さんに聞いたら3D系のベンチが出回る前は、アメリカでも結構流行ってたよとのことでした。

cat20200504213850

 

3DNARK 99です。3DMARKはこの辺り毎年のように新作を出していましたよね。定番のベンチマークソフトになりましたよね。

cat20200504213958cat20200504214018

 

WINAMPとか。時代も2000年付近の曲に。

cat20200503152830

 

Windows9x系はDOSゲームも動くので、遊ぶマシンとしては良いですね。古いから色々不安定ですが・・・。

cat20200504214048

World of Warships 2019/7月の状況

気がついたらもう7月の半ばですね。頭の中では6月は更新したから7月にしようと思ってたら・・・。前回は5月でした。

と言うわけで6,7月の状況です。
良いのか悪いのか勝率もあまり変わらずです。プチクラン戦や、ランク戦も行われています。
イベントで、ボロボロの水没都市で駆逐艦対戦なんてものやっています。



自分の場合だけか他の人も同じかわかりませんが、勝ち続けるターンに入るとしょぼ沈しようが何でも勝ったり、負けパターンだとどうやっても負け続けるってのを繰り返している感じです。勝ちパターンの時は、敵の弾のタイムミングバッチリでも外れたり、逆に負けパターンだと、ぴったりのところでも、全弾外れたりと、ある程度数字の操作も入ってるのかなと思います。





2ヶ月分なので、イベントが結構増えています。空母が弱体化されて戦艦が増えたので、自分は駆逐艦に乗ることが増えました。中でも朝潮は、かなり勝率も上がっています。


ソ連の戦艦が増えたので3段階ほど上がりました。もっともソ連の戦艦用の艦長が育っていないので、厳しい感じです。ムールマンスク は、イベントでゲット出来ました。これも中々強いですね。







イギリスは、キング・ジョージVとエディンバラです。フィジーがかなり苦しかったのでようやく進めました。




フランスはアルジェリーです。まだ船体の改修も終わっていません。フランスの巡洋艦は、低ティアの時は凄く強く感じたんですが、その後ラ・ガリソニエールでかなり詰まってしまって中々進まなくなりました。



最後にアメリカはフレッチャーをなんとか。T9とか資金力もかなり必要で中々厳しいですね。



という感じで相変わらず毎日のように進めています。
MHWの報告もほったらかしですが、あちらもなんとかエンディングまでは進みました。

World of Warships 2019/5月の状況

4月の状況からの進捗です。

クラン戦も本格的に行われ、あまりランダム戦に出ていない状況ですが、クラン戦での勝利の際のクレジットも大きく何隻か船が増えました。T10位だとプレミアムアカウントでないとマイナスになることも多いだけに、今年いっぱいは捗りそうです。



ランダム戦は数少ない上に負けが多いので勝率は落ちています。ティアはあげているので、ダメージ関係は順調に伸びていると思います。



新規艦艇は以下になります。


アズレンコラボイベントが始まっているので、背景がちょっとあれです。

白露まで進めましたが、まだまだ先が長そうです。



Jervisはライトニング目指すための通過点ですね。



Yorckは、まぁなんとなく弾がいっぱい出るなぁって感じかな。経験値余っていたので。ヒンデンまでは遠すぎてなんとも。




Richelieuは前しか撃てないなんて・・・って思っていましたが、案外引き撃ちでもでも撃てたので、乗ってて楽しいです。今のところ勝率は目立ちませんが、ダメージはそこそこ出してくれてる感じです。



変化は無いですが、アメリカ、ソ連、パンアジアはこんな感じです。




令和最初の秋葉原

元号も変わったので秋葉原に出かけてきました。

特に変わったことも無く人も沢山来ていました。ここ最近は、レトロ系のお店ばかり回っているので、秋葉へ行く目的も変わってきました。レトロコンシューマーゲームの方は、相変わらず海外の方が沢山いました。

cat20190501132128cat20190501135203

 

そしてオープンから行きたくて中々行けなかった、「秋葉原最終処分場」ってお店に行ってきました。

ジャンクのMAC用のキーボードとFA-32って言うCASIOのMX-10/101用のカセットインターフェースが売ってたので買って来ました。これだけ出てくる事ってあんまり無いのでラッキーです。

cat20190502093714

 

MSXのカセットソフトも面白いよ~なんて声も聞こえましたが高そう・・・。2本ばかり持ってたソフトはV-10と共に捨ててしまいました・・・。

cat20190502093817

 

カセットインターフェースを内蔵してそうでしてないのが惜しい。完全にゲーム用ですね。

cat20190502093832

自作機のSSDを入れ替え(バックアップソフトのイーザスソフトウェア利用)

最近SSDの価格が随分安くなり、500GBクラスは当たり前で1TBクラスも何とか狙えるようになってきましたね。

自分の自作機は、先日HDDを交換しましたが、データドライブだったので、Windows上からそのままコピーしました。今回はCドライブのSSDを入れ替えることにしました。

cat20190421154406

 

手持ちのSSDです。250GB程から480GBに変更です。

cat20190421154444

SSDを入れ替えて、OSを一からインストールし直すのは、環境設定し直しが凄く手間なので、今の環境を丸ごとコピー(クローン)して入れ替えることにします。

今回はEaseUS Todo Backup Home 11.5と言う物を使います。

 

1回のクローンなら、フリーの体験でも可能ですが、普段からバックアップ取ったりする場合は、ライセンスを購入する必要があります。機器の入れ替えが多い人は、この手の製品では安い方だと思いますので、一つあっても便利かと思います。

cat20190421154920

 

ソフトをダウンロードしたらインストール開始です。

cat20190421155227

 

SSDを取り付けます。入れ替え前なのでちょっと雑にぶら下げます。※接続作業は電源は切った状態で行います。

cat20190421160008

 

SSDの接続が終わったら、ソフトを起動させます。初期画面はこんな感じです。今回は赤い丸のクローン機能を使用します。

cat20190421155800

 

コピー元のドライブをチェックします。※絶対にドライブを間違えないように。

cat20190421194757

 

続いてコピー先を選ぶとき、高度なオプションと編集を選びます。cat20190421160302

 

高度なオプションでは、SSDに最適化をチェック。

cat20190421160332

 

編集では、コピー先のサイズ変更を行います。容量部分をマウスで引っ張れば入れ替え先の容量を拡大できます。

cat20190421161109

 

容量変更も終われば実行ボタンでクローンスタートです。くれぐれもコピー元と先を間違えないようにです。

cat20190421161325

 

しばらくするとコピーが終わります。時間は最初10分くらいと出ましたが、結局40分ほど掛かりました。※200GB程利用

cat20190421171624

 

完了を押してコピー元のSSDと付け替えて起動させます。

cat20190421171944

 

空きの容量も一気に増えて快適に使えます。

cat20190421171716cat20190421205753

 

今回利用したツールの場所です。

【EaseUS(イーザス)公式サイト】

EaseUS Todo Backup Home 11.5

東京理科大学近代科学資料館 その3

パソコンやゲームだけで無く、計算する装置の展示が並んでいます。

 

 

こちらはCPUの変遷で、実際の物が展示されています。

ザイログZ80やら

cat20190328104758

 

モトローラーのCPU

cat20190328104732

 

もちろんインテルシリーズも沢山展示されていました。

cat20190328104739

 

記録媒体の展示もあります。穿孔テープから光学メディアまで幅広くあります。

cat20190328104626

 

ボード型マイコンの展示もいくつかあります。この辺りも中々実物は見てないです。

cat20190328104925cat20190328104929

 

電卓の展示もありますが、当然ポケコンの展示も含まれています。

cat20190328104251cat20190328104336

 

 

少し経路の違うエンジェルノートです。エンジェルラインで自分も応募したけど外れたんですよね。どんなことが出来たのか興味あったんですが・・・。結局普及しなかったですよね。

cat20190328104316

 

自分の興味が有る物から紹介しましたが、展示自体はそろばんや、計算尺、機械式計算機からもの凄い数の電卓や汎用機まで、様々な展示がありました。

cat20190328103533cat20190328104029cat20190328104358cat20190328104403cat20190328104438

 

他にも音楽機器や媒体の展示もありました。

レコードからテープ、CDやMD・DATなんかの展示です。

 

cat20190330191736

 

また、リニューアルされたらどうなるか楽しみにしておきます!

近代科学資料館のページはこちらです。



館内様子はこちらです。

東京理科大学近代科学資料館 その2

IBM 5110です。某ゲーム(アニメ?)で有名になったIBM5100の後継機みたいです。eBayとか検索したら出てきますね。奥行きがこんなに長いとは知りませんでした。

cat20190328104124

 

コモドールのPETです。MZはコレを参考にしたとか聞いたことあるのですが、さすがに古すぎてその辺りの事情は全然判らなかったです。

cat20190328103152

 

ベーシックマスター レベル3です。フロッピーとかも有ったんですね。かなり巨大。本体もこんなに大きかったんですね。

cat20190328103027

 

PC-8001です。友人がmkIIを使っていました。自分はMZ-1200だったので、カラーが出ることや英語の小文字が出るだけでも凄いなぁと思っていました。

cat20190328102846

 

MZ-80Bです。MZ-1200を買ったら、J&Pのパソコン講習会1日券もくれて80Bでの講習でした。パソコンサンデーも80Bの時に見始めました。

cat20190328103938

 

FM-7です。友達の家のNEW7でかなり遊ばせて貰いました。FM音源やフロッピーまで増設されて、MZ-1200に比べて格段に進化したマシンのイメージがありました。この頃はまだCPUが堂だとか全然気にもして無くて、色が綺麗とか音が凄いとか思っていたレベルです。

cat20190328102816

 

MSXもMZから比べたら安くて凄いなぁと思う反面、ROMカセットのゲームがファミコンよりしょぼく感じてたのは事実です。

cat20190328102639

 

時代が少し飛んでいますが、東芝のT-1200です。T-1100の方は知っていましたが、後継モデルですかね。ダイナブックを作ったきっかけのマシンですよね。

cat20190328102304

 

J-3100です。会社のプラズマモニターのJ-3100捨てるときにもらっておけば良かったなぁ~(当時は廃棄パソコンとかざるだったので・・・)何だかんだで、AXパソコンは仕事で使いましたがJ-3100の環境はよくわからないままでした。

cat20190328102308

 

PC-9801シリーズも沢山展示されていました。H98シリーズも後々興味が出ましたが、設定ディスクや専用モニターとか無いとかなり苦労するようなので、あきらめました。まぁこれ用のソフトで使いたい物が有るわけでは無いので、良いかって感じです。

cat20190328102832

 

98ノートはNSの展示でした。自分の始めて買ったノートPCじゃNS/Tです。この頃の液晶はまだ青色ですよね。

cat20190328102702

 

AppleIIcは雑誌で格好いい!!と思いましたが、なんせ子供の頃にはハードルが高すぎます。情報も今みたいに簡単には手に入らない時代だったと思います。

cat20190328103942

 

Macは、Classicくらいから見出したので、初期のマシンは殆ど知らないです。車買える感じという印象です。Classic蚕路は中古でも並んでいたのですが、カラー化も始まっていたのであまり見なかったと思います。

cat20190328102758

 

IICiはクアドラ700に入れ替えたりと、当時はめちゃくちゃ高い物のLogicボード交換サービスとかあったんですよね。大事に使っていた人も多いような気がします。

cat20190328102802

 

その他の展示については、その3に続きます。

東京理科大学近代科学資料館 その1

JR飯田橋駅近くにある、東京理科大学の近代科学資料館と言うところに、昔のPCが並んでるとのことで見に行って来ました。最近、今日(2019/3/30)までの展示でリニューアルされるとのことでしたので、ギリギリ見に行けました。

 

cat20190328102101

立派な建物ですが、無料で見学出来ました。撮影は入り口で許可証を貰えばblogでもSNSでもupしてOKとのことでした。※一部撮影不可の展示物はあります。

 

入ってすぐの所にPCのコーナーがあります。メーカーの偏りや、ホビー機(PC-8801シリーズやX68000など)が有りませんが、もっと古い物が沢山展示されていて数的には充分な気がします。

cat20190328102339

 

この3ドライブライブのIBM 5550は、学生の頃IBMのMFに繋いで使っていました。

cat20190328102748

 

PowerBookG3はまだ使ってます。

cat20190328102903

 

PC-100の展示もありました。98シリーズは多めの展示でした。

cat20190328103040

 

初期の頃のベーシックマスターシリーズとか、子供の頃でも殆ど見なかったと思います。モニターも思いっきり古いですね。

cat20190328103142

 

アルテラやPET、Apple IIとかも、ちゃんと見たことはありませんでした。

cat20190328103237

 

NeXTも雑誌で見るくらいですかね。こんなセットで見たことも触ったことも無いです。

cat20190328103226

 

雑誌も置かれていました。マイコンは、自分が始めて買ったパソコン雑誌でした。

cat20190328103848

 

ハンドヘルド機も、この時代は子供なので雑誌で見る程度ですね~。

cat20190328103519

 

HP100LXや200LXも展示されています。周りのCDや日本語化キット、コネパクが並べられています。

cat20190328103418

 

ゲーム機もいくつか展示されています。64が何故か本体がありませんでした。もっとめずたしいドライブだけ置いてます。他はざっくり並べられていますね。

cat20190328103528cat20190328103532cat20190328103535

それぞれの機種に解説が書かれているので、じっくり見てたら結構時間が掛かります。

 

その2で、もう少し詳しく見ます。

メイン自作機のHDD(Barracuda ST6000DM003)入れ替え

ノートPCとメインの自作機のHDDが溢れてきたので入れ替えです。前は4TBで今回は6TBです。

cat20190317074940

 

買ったのはシーゲートの一番安いHDD(Barracuda ST6000DM003)です。1.2万円弱です。ちょっと気になったのはデスクトップ型のHDDの保証は2年で、ノート用のSSHDは5年なんですよね。結構差があります。

cat20190317075107

 

中身をざっと入れかです。前のはバックアップとして、保管しておきます。

cat20190317075921

 

特段早くも無い普通のHDDですね。4TB辺りが今一番容量比で安いみたいですが、コレばっかりは仕方が無いです。

cat20190324103256disk1

第四回PC88会「テーマ:通信」に参加させて頂きました。 その3

今回は通信をメインにと言う事でしたが、主催者の方はがっつりと準備されていました。オリジナルのボード作られichigojamなんかと接続出来るようにと言う事です。

cat20190126132917cat20190126132921

 

他にも通信対応の森田の将棋とかあります。画面が自分のコマの向きになるとか対戦らしい事は全然無くて、全く同じ配列なのがなんとも。

cat20190126163205

 

こちらの雑誌掲載のゲームは、自分がいる時間帯には画面が見れなかったのですが、一部修正したら無事通信対戦が出来たそうです。

cat20190126162450

 

とまぁ、今回も沢山楽しませていただきました。主催者の皆様、機材やソフトを持ち込まれた方々や参加されてた皆様ありがとうございました。

 

紹介出来ていないことも沢山有りますので、是非Twitterの「#PC88会」辺りも検索して見てください。

第四回PC88会 「テーマ:通信」に参加させて頂きました。 その2

しれっと並んでいますが、FAはメモリーの空きパターンにメモリーが増設されています。

cat20190126164802

 

サラトマやデゼニワールドが解かれて行っていました。FE2の8MHzHモードで中々高速描画でした。

cat20190126163020cat20190126140801

 

こちらにもVA3とmkIISRが並んでいます。キーボードとの色のキャップが~。

cat20190126133151

 

こちらもソフトは山盛り。

cat20190126135437

 

mkIIFRのmodel10です。フロッピードライブが無い分軽いって事で持たせていただきましたが、確かに軽いですね。ドライブレバーの出っ張りも無いのでスッキリしていますね。FRぐらいだとドライブ無しも珍しくなってきていますね。

cat20190126160148

 

こちらのFE2は、サウンドボード2は例の代替えボードが接続されていました。

cat20190126140337

 

ブラックFHで、サウンドボードII付きです。カセットインターフェースも内蔵なので、一番欲しがられる組み合わせですよね。とても綺麗です。このラジコンプロポみたいなジョイスティックは中々ゲームを選びます・・・。

cat20190126133235cat20190126140305cat20190126140234

 

一台8001mkIISRが紛れ込んでいました。88はNモードもあるので8001のソフトまではOKと言う事で。

cat20190126140145

 

沖縄のハードオフで激安確保されたサウンドボードII付きのFHも無事稼働していました。

cat20190126145447cat20190126145021

 

あちこちでカセット版のソフトも遊ばれていて、ロードの時の音が響いていました。

cat20190126142130

第四回PC88会 「テーマ:通信」に参加させて頂きました。 その1

NECのPC-8801シリーズで、楽しく遊ぶ会に参加させて頂きました。

今回は第四回目で、前回の三回目から参加させて頂いています。

場所は、埼玉某所です。

cat20190126133634

行きのバスが34分遅れで、中々到着できずどっと疲れてしましましたが、88を見出すと無事回復しました。

今回も沢山の機材やソフトが持ち込まれていました。

cat20190126133727

エルドラド伝奇は、広告はよく見たもののゲームそのものはやったことが無かったのです。中々理不尽な所もあり、昔のアドベンチャーゲームは厳しいですね。

cat20190126151953

筐体のサインがとても豪華だったりしますね。

cat20190126165138

cat20190126133735

貴重な88用の8インチソフトなども始めて見せていただくことに。

cat20190126133907cat20190126133929cat20190126140051

こちらは海戦ゲーム。初期の頃はこう言った感じのゲームが結構ありましたよね。こちらは雑誌掲載の「Last 5 Minutes」と言うゲームですが、敵の動きのパターンも毎回違って奥の深いゲームらしいです。自分もMZでミッドウェー海戦のゲームとか、かなりやり込んでいたのでわくわくします。88はグラフィックも細かいし文字だけだったMZよりはかなり進化してるように思えます。

cat20190126145917cat20190126145843

カセット版のゲームもこの数が揃うのは中々ですよね。

cat20190126141342

FE2とVA3が並びます。

cat20190126151315cat20190126172428

VAのソフトも今では貴重な物が並んでいました。ゲームはやっぱ88としてみたら、全然レベルが違いますよね。色数やらスプライトのおかげで全然別物です。

うちのVA3も修理してももらわないと・・・。

cat20190126161912cat20190126162225

VA対応版のシルフィードも見せていただきました。

cat20190126162643

新年のアキバ巡り

 

毎年お正月は神田明神に出かけてお参りしていたのですが、年々混みすぎてもう参拝どころじゃ無い感じです。取りあえずお札やらお守りを返しに行きました。金運とかは、自分より神社の方が良いみたいで立派な建物が建っていました。cat20190103143219cat20190103143227cat20190103143427

 

何とか、返却出来たので秋葉を回ります。福袋とか眺めていましたが、必要な物が入ってるかわからない物だと結局得になることも無いだろいと、そのまま買わず終いです。

cat20190103145051cat20190103144553cat20190103144616cat20190103144732cat20190103144756cat20190103150009cat20190103151535cat20190103153531

 

BEEPさんもお休みでした。ケンちゃんもビルごとお休みなので、結局買い物する物無く退散です。

cat20190103150638

第8回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その5

ATALYNX☆あたりんくす@平成さんのブースです。今回はFM-7のエイリアンフィールドがメインの展示でした。後に出るマインドウェアさんの新作に合わせて持ってこられたそうです。余談ですが、ブースの三郎さんがFMRを入手希望らしいので、手頃なキーボード付き5インチタイプを発掘の際は、連絡して上げてください~。

cat20181124104453cat20181124132452

 

LYNXについても、話を伺いました。ソフトを一揃え集めても実は時期によって3タイプ有るらしくコンプリートするにはカードの仕様も見る必要があるそうですう。奥が深い・・・。

cat20181124104521cat20181124104544cat20181124104546cat20181124104646

 

【na】さんのブースです。本当の音源で鳴らすキットなのですが、自分にはハードルが高すぎて~。でも実際は良いんでしょうね・・・。いつかきっと・・・。

cat20181124104831

 

某自称家電屋中之人(店長?)さんのブースです。今回は本を出されていました。秋葉原への思いが凄そうです。自分は関西人って事もありますが、それでも東京に来て15年ほどで、秋葉に行った数がそれなりなり、いろんな思いはありますからね~。

cat20181124104928

 

クラシックPC研究会さんのブースです。いろんな物が激安で売られていました。変換番長はうちも助かっています~。MSXのメモリーは欲しかったものの、自分じゃ宝の持ち腐れなんですよね~。

cat20181124104958cat20181124105057

 

株式会社ヘルメッツさんのブースです。今回友人にXVIケースをお土産で貰っちゃいました。モニターやキーボードのフルセット版の参考展示もありました。

cat20181124112557cat20181124105142

 

98風のケースや、実際に動くミニチュアジョイスティックの展示も。

cat20181124135640

 

株式会社電波新聞社さんの展示です。大阪のイベントで売られていた物が有りました。今回RaSCSIの買い物もあり手が出ませんでしたが、やっぱ欲しかったなぁ・・・。

cat20181124105250

 

最後に有限会社マインドウェアさんのサイトです。一番上のエイリアンフィールドを現代版にアレンジされた物の展示です。良い風にアレンジされていますよね~

cat20181124105339

と言うことで、今回もじっくり楽しませて頂きました。自分は楽しませて頂くばかりで申し訳ないですが、本当に主催者の方々や、ブースの出展者の方々には感謝で一杯です。ありがとうございます。



そのほか当日頂いたものなどは下記の記事になります。
第8回MI68での頂き物、購入物(RaSCSI ZERO)など

最後に、イベント様子をまとめた動画です。

第8回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その4

レトロPCが好きな人の毒舌な妹さんのブースです。本も充実しましたよね~。キャラグッズも沢山になってきて、Twitterなんかだと、さらに二次作品まで見かけるようになったと思います。レトロPC界隈ではすっかり有名になったかと。

cat20181124112649cat20181124112652

 

1CHIPのX68Kも展示されていました。

cat20181124135931

 

レトロエクスプレスさんのコーナーです。もう当分開催されないと思いましたが、来年の3/3に開催だそうです。MI68ももちろんですが、レトロエクスプレスもまた少しブースを出される方が違って楽しみです。

cat20181124105419

 

なすかさんの所の分室ですね。ハングオンのポータブルって良い時代ですw

cat20181124105626

 

スーパーカセットビジョンであそぼうさんのブースです。今回はスペースハリヤーを作られていました。

cat20181124110232cat20181124110315

 

実際に遊ばせて頂きましたが、コントローラーも違和感なく、動きも相変わらず凄いです。単に動きますでは無くて、タイムアタックというゲーム性や、キャラクターデザイン、フォントのデザインとかもの凄く細かいところまでこだわって作られてるのが、やっぱ凄いと思います。ゲーム自体もちゃんとキャラが手前で大きくなるので3D感もあるし、スピード感もあってゲームとして完成度が高いです。当時カセットビジョンに出ていれば、売れ行き変わるレベルじゃ無いかなと思います。

cat20181124110827cat20181124110915

 

BEEP@アキハバラ出張所さんのブースです。この手のイベントでは何故か少ない88の展示がありました。ゲームも88の物が多かったです。

cat20181124110348cat20181124105519

 

ぴゅう太買えやまりえん堂さんのブースです。77AVは今回は隠し球無しとのことでしたが、昔の雑誌に掲載されたスフとの展示などされていました。

cat20181124104315

 

ぴゅう太の方はTi99とも並んでゲーム大会になっていました。

cat20181124104344cat20181124104441cat20181124104447



その5に続きます。

第8回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その3

 

Y.Y.Yさんのブースです。シューティングゲームのDVDです。シューティングゲームが下手な自分は、ゲームを買っても結局最後まで行けるはずも無く、動画に頼ってるってのはありますねw

cat20181124110019

 

かねごん亭さんのMZ-700です。Ys2のオープニングとTinyゼビウスの移植版が展示されていました。

cat20181124105942

 

Tinyゼビウスは背景が2ドット単位で右側とかMZ-700なのにどうなってるの???って世界です。移植の際アルゴリズムもそのままらしいので、本物と同じ動きになるそうです。MZ-700とは思えないなめらかな動きでした。

cat20181124110012

 

Ys2のオープニングもオンメモリーで動いていました。全部で32KB程度だそうです。Z80の圧縮ツールがあるので何とかなりますとか、画像の変換もツールでと言われていましたが、根気が有れば出来るような物でも無く、手修正やタイミング調整など凄いです。これらは動画も撮らせて頂いたので、また見てみてください。色の使い方とか素晴らしいですよね~。ちゃんと音楽も鳴っています。

cat20181124112741

 

LIPSさんのブースです。相変わらず、丁寧にお話されていました。Arduboyの新刊も出ていました。相変わらずの開発力ですよね~。Twitterもそろそろ始めないととの事でした。

cat20181124105826

 

てつーん工房さんのブースです。ラズパイのシールドでRasPi to RE Expansion Boardを展示されていました。FM音源の生演奏は、それはそれで良い物ですよね。

cat20181124105824

 

こちらはプレイアブルコーナーです。縦型TOWNSもあまり見れなくなったので、良い展示ですよね~。実際は色々不便で後期型を残しましたが、未だと縦がやっぱり良いかな。

cat20181124105716cat20181124105743

68はSUPERが使われていました。



その4に続きます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク