FC2ブログ

レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その4

最後はまりえん堂さんのブースです。

FM-7用のゼビウスの隣には・・・

cat20180422112936

 

FM-77AV専用に移植されたゼビウスが!かなりスムーズに動いてびびります。色もかなり良いですし、とにかくスムーズに動きます。ホント移植された方の言われるように勢力図帰る位の出来!互換性の問題や手っ取り早く88の移植物が多くて勿体なかったですよね。

cat20180422112829cat20180422113001

 

FMシリーズ総出演と言われんばかりに並んでますが、こちらはFM-8の初期型らしいです。スリットが無いらしいのですが、そんな違い全然和から無いっす~。

cat20180422131651

 

こちらはFM-77ですが、OS-9が動いていました。SCSIカードも設計され搭載されいました。さらっとむちゃくちゃ凄そうです。

cat20180422113223cat20180422113232

 

最後は16βの海外版かな。この辺りは名前しか判りません・・・。ちゃんと聞けば良かったてす。

cat20180422113230

 

 

その他、ステージイベントなどもあり、一日中楽しめるイベントでした。去年の4号では風邪引いて速攻帰るしか出来ませんでしたが、今回はたっぷり遊ばせて頂きました。

cat20180422140006

 

自分へのお土産に1台。セケロズンダメロさんの所で販売されていた、エプソン機確保!お安く3,000円でした。こちらは、また記事にしていこうかと思います。

cat20180422192428

 

最後にイベント主催の方々、出品された皆様、楽しいイベントありがとうございました!



イベントのまとめ動画です。


スポンサーサイト



レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その3

LEO-SYSTEM-DESIGNんのブースで、超小型自然語処理コンピュータの展示でした。68000×5枚のの独自設計コンピュータで、設計された方が亡くなったそうです。膨大なソースやマニュアルがあり、ラックマウント型のこのタイプ以外にもデスクトップタイプなどもあったとのことです。折角なので、中も見せて頂きました。OSから専用設計らしく、このシステムを扱えそうな方を探されていました。会場内にも扱えそうな方居ると思いますが、結構大がかりなシステムで大変そうでしたが、興味ある方は是非連絡してみてください。

cat20180422120009cat20180422120704cat20180422120116

 

まじろぐみさんのブースです。こちらは音楽メイン。イベントでの歌を披露された真白 彩さんもここです。X1に音源やメモリーの載った複合拡張ボードを搭載して、色々演奏されていました。

cat20180422121620cat20180422121347cat20180422121423

 

こちらは本物のアウトランナーズにATX電源やらメガドラパッド基板を作られて動かされていました。

cat20180422120953cat20180422121130

 

ぴゅう太買えやさんのブースでは、ぴゅう太はもちろんのこと、それ以外も展示されていました。今回はステージでぴゅう太買えやの歌まで披露されていましたw

cat20180422130142cat20180422130123

 

TI-99はぴゅう太のご先祖さまみたいなPCだとのことです。

cat20180422130000

レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その2

こちらはX1の3Dメガネシステムです。めぞん一刻のタイトルの所だけ対応してるそうです。他にももう一本くらい対応ソフトはあったそうです。

cat20180422114230

 

定価は18万円程らしく、ブースの有名人のGORRYさんにあれこれ聞いて機能などを調べて貰うという・・・。

cat20180422114410cat20180422114205

 

他アラビア語仕様のMSXの展示です。左から始まってますね。キーボードも謎な感じです。

cat20180422130803cat20180422130812

 

前田さんのブースでは、物販とJRシリーズの展示でした。JRシリーズは小さくてちょっと欲しくなるときがあります。当時はPCGがうらやましかったです。

cat20180422130731

 

X1centerさんの所では、移植されたシルフィードX1版がPSG対応に進化していましたwcat20180422130504

 

MZ-2000も動いていました。

cat20180422130438

 

そっと置かれていますが、1チップX1と1チップX68000です。外観もありますが、昨今流行のミニシリーズもFPGAで作られてたら良いのになぁとは思います。

cat20180422130435

 

最後にX1シリーズ30年の回答だったX1TwinROM2です。なすかさんが作られた物ですが、本体側のあまり知らないX1Twinに付いてもお話頂きました。フロッピー搭載機の中ではTwinは軽いとのことです。持たせて貰いましたが軽いですね。1ドライブと言う事もありますが、中も綺麗に整理されてそうです。また縦型専用なので、モニターを置かないこともあり、強度的には弱く出来たのかも知れません。他にもフロッピー搭載X1の中で唯一ファンレスだそうです。他の機種でもフロッピー積んでる位のマシンでファンレスは珍しそうですね。PC-Engine側とは完全に独立してるので、同時に起動した状態で、前面のボタンで表示が切り替わるくらい完全に関係なくUFO区とのことでした。ボード上には謎のコネクタはあるらしく、PC-Engineの外部ポートだったのかもとのことです。形は全然違うらしいですが。

cat20180422121752

 

三郎さんのブースではまた謎パーですね。3インチフロッピー搭載マシンです。動画が表示されていましたが、コンバーターを作って変換されたそうです。ここパーのスタンドはしっかりした物をつけたそうですが、しっかりしすぎてめちゃ重くなったとのことでした。

cat20180422124641cat20180422125744

 

ぴぴぴさんのXVIはいつでも元気で格好いいですね。今回も新幹線に乗ってこられていました。世界で一番多く新幹線に乗ってるXVIだと思います。

cat20180422114855

レトロエクスプレス5号に行ってきました。 その1

2018/4/22(日)大田区産業プラザPiO 小展示ホールで行われたレトロエクスプレス5号に行ってきました。

cat20180422104847

 

会場に近づくと、むちゃくちゃ長蛇の列!って中に入ると一階でやってた別のイベントでしたw

cat20180422105050

 

レトロエクスプレスは2階です。

cat20180422105234

 

入場券は切符仕様です。

cat20180422105700

 

ざざっとブースを紹介。

 

この手のイベントでよくおはなしさせて頂くシエルさんのブースです。

98関連の物を展示されていますが、今回はGIMONSさんの作られたRaSCSIをCバスに内蔵させるボードの展示でした。cat20180422111225

 

IOデータのセカンドバス搭載のSCSIカードに、今回設計された中間ボードとラズパイを載せる形です。何度か設計を調整されミリ単位でぴったり入るように作られています。ホントSCSIカードのチップの配置がちょっと悪かっただけでも入らないくらいギリギリ綺麗に収まっていました。RaSCSIのコントロールはシリアルポートから行え、わざわざ別のPCからリモート接続しなくても98だけで完結可能です。専用の短いシリアルUSBケーブルも作られていました。

cat20180422111221cat20180422111333

cat20180422111417

 

その他ファイルベイ搭載機に5インチフロッピーを増設させるための基板も完成されています。

cat20180422111222

 

実機で遊べるようにされたブースです。MSXも併せて全部ゼビウスとかもやられていました。

cat20180422113650

 

こちらは電子ゲームも含め膨大なゲームの展示です。実際に遊ばせていただけしました。

cat20180422131044

 

ここは、HARDと言うアダルトゲームのブースです。あやよさんシリーズってすいません、遊んだこと無かったです。広告では見たことあるので知ってます。

cat20180422113911

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その4

こちらは、音源とジョイスティックポートが不調のFAです。

持ち込まれた方が、各有識者の方々に見て貰うとの事でしたが、正に有識者の方々が多くて、その言葉がツボにはまりましたw

 

まずは分解です。FAの分解方法を取りまとめられた方が、会場には来られていますw

cat20180331111943

 

内蔵電池が液漏れして、かなり基盤周りに液体をぶちまけてたそうなので、有識者の方々は、パターンが切れてるんだろうと、開腹してみるとやはり断線のようで、サクッとジャンパーされていました。(電池のあったところの下です)

cat20180331155140

 

思ったより薄いフィルムケーブルが多くて気を遣いますね、。フロッピーや背面コネクター用のボードとの接続がこれで結構心配です。FAの頃はまだお金が掛かっていたので構造も複雑らしいです。FEやMA2辺りだとコストダウンの為にスッキリとした基板になっているそうです。

cat20180331112306

 

と言うことで、ジャンパーされる事で無事音源が回復していました。しっかりと音が鳴っていましたが、ジョイスティックポートはまだ何処かしら断線があるようで、持ち帰りにて対応されるとのことでした。

cat20180331155113

 

最後はプロの方のブースです。周りのみんな88の達人や有識者や匠な人だらけなんで、なんともですが、こちらでも古めのゲームが動いていました。テンキーの8462操作が、固定化する以前のゲームとか難しいですよね~。

cat20180331141903

 

こちらは、データレコーダーのプログラム読み込みの間に、録音された声が入ってるゲームです。データレコーダーは、スピーカーがモニター用の物なので、音質がもの凄く悪いですが、一応聞こえましたw

cat20180331163907

 

という感じで、朝から夜遅くまで開催されたイベントですが、子供の頃の当時ではとても体験できない装備やソフトが山盛りで、どっぷり88の世界にはまれました。ソフトはメジャーどころが少なそうですが、皆さんかぶらないものを持ち込まれてるので、逆にめったに見れないソフトが多くてこれまた良かったと思います。

 

主催者の方々、色々持ち込んでいた頂いた皆様ありがとうございました!

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その3

こちらは、このPC88会の主催者の方のブースです。今回は4台持ち込まれていました。今の用のレトロPCブームが始める前に集められていたそうです。会の中でも話していましたが、最近は88ハードの高騰が一時より収まってきたものの、ソフトウェアが異常な上げになってる感じと言う事です。

 

主催者さんのブースではいろんなソフトが入れ替わり遊ばれていました。

cat20180331135439

 

ハイドライドのパチモンみたいなゲームとか・・・。

cat20180331150404

 

くそゲーと言われましたが、難しいと言うのはありますが、それなりに考えられたアクションパズルゲームだと思います。

cat20180331123516

 

コスモミューターも難しい~と思ったのですが、ゲーマーの若者がやるとすいすいと。キーボードやりにくいと言われてましたが、おじさんより桁違いに上手いです。cat20180331114925cat20180331154518cat20180331113953

 

MKIIのキーボードも久々に触りました。形はかっこいいんですけどねぇ~。

cat20180331113420

 

こちらの方のFE2は、吉祥寺のハードオフのオープン記念で5,800円だったとのことです。内蔵スピーカーが鳴らないそうですが、それ以外は問題なしとのことです。ちょっと前まで荻窪に住んでて吉祥寺なんて、しょっちゅう行ってたのに~。

cat20180331093627

 

88も後期のソフトになると、アナログRGBやタイリングを駆使してもの凄く綺麗なCGのソフトとか出てきましたよね。ティッシュは花粉対策です。

cat20180331152353

 

こちらは、遠方から沢山の機材を持ち込まれた方のブースです。本当に沢山で、パソコンの修理もお手の物の方です。88も初期の音源がばらついてた頃のソフトで、色々切り替えて貰いながら聞かせて頂きました。裏技的にもBEEPやmkII音源やら色々対応してたソフトがあったんですね。

cat20180331151226cat20180331131923cat20180331161253

 

市販ソフトだけで無く、同人ソフトも何種類か持ち込まれていました。

cat20180331160433

 

このSRにもMIDI環境が装備されていて、シーケンスソフト本体のみ(マニュアル無しで操作が不明)持ち込まれていたのですが、主催者の方が、このソフトのデータ集と何故か本体のマニュアルが入ってたらしくて、夢の共演で無事鳴らすことが出来ました。400ライン対応で見栄えも綺麗なソフトですね。

cat20180331165721

 

唯一88じゃないモトスのゲーム基盤も設置されていました。

cat20180331131854

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その2

次は、88関連の物を世界一持ってるんじゃ無いかなと思われる方のブースです。もって来られたソフトウェアは、きっと挨拶程度です。

cat20180331142139

 

各種88の拡張ボードです。今回は、カセットのソフトも多く持ち込まれていたので、CMTのボードもありますが、音源大会?って事もあり各種の音源ボードも持ち込まれていました。

cat20180331124406

 

また今回の目玉は、88でMIDIって事で、MIDIのインターフェースと、MIDI音源ユニット+リズムマシーンの組み合わせで、各種演奏も行われました。88自体SR以降FM音源を積んで、それ単体でもしっかりとしたアンプ、スピーカーをつなげると、かなりいい音でなってくれますが、88でMIDIとなると更にジャンプアップした感じですね。この頃の音源でも、今聞いてもちゃんとゴージャスな音に聞こえます。

cat20180331111752

 

その他、音楽ソフトも山盛り揃ったので、順に聞かせて頂きました。

cat20180331135450

 

唄う系のソフトも何種類か有って、聞いてみると今の物には劣る物の、それでも今が合成音声感が拭えない分、かなりいい線に聞こえました。

cat20180331134215

 

音源の達人みたいな人のFE2です。ソフトがうずたかく積まれていました。FE2からは、サウンドボードIIの音がBOSEのスピーカーから、良い感じの音で流れていました。サンドボードIIなのか作られたボードなのかは聞いてなかったですね・・・。高音質化とかされててもおかしくない方だと思います。今回は、終始フロッピーのカビと戦われていました。

cat20180331095446

cat20180331164257cat20180331124259

 

こちらの方は、初代の88を持ち込まれていました。机の上に転がっている、某天使なソフトの為?の同人サウンド-ボードを搭載されています。

cat20180331094155

 

他にも、純正から自作外付けユニットなど、各種ジャストサウンドが揃っていました。中でもこのボードに内蔵されたタイプは、聞き取りやすく純正よりも高音質と評判でした。

cat20180331110547

 

こちらは自作されたユニットです。外装も丁寧に作られた匠の仕事です。

cat20180331101551

 

 

こちらは純正品です。実物見るのは初めてです。電池が必要なの事も初めて知りました。cat20180331091912cat20180331092056

第三回PC88会「MIDI編」に参加させて頂きました。 その1

NECのPC-8801シリーズで、楽しく遊ぶ会に参加させて頂きました。

一応知った人の集まりで、クローズドの会になります。何だかんだで、ゴミみたいに捨て去られたものの、今では価格も高騰してしまい貴重品の塊になってきましたしで色々仕方無いと思います。

 

会自体の様子は、Twitterのハッシュタグ#PC88会で共有されたりまとめサイトにも上げられているので、そちらもご参照ください。今回は開催前の打ち合わせ?で88でMIDIの話題が出て盛り上がったので「MIDI編」となっています。

 

※この記事は、FC2でまとめて写真を上げちゃうとスパム判定され弾かれてしまうので、いくつかの記事に分けてアップします。

 

まずは、PC-8801MCの展示です。MCって中学生の頃「MC」って会報誌作ってたので、名前だけで欲しかったのですが、結局買うことは無かったです。今回はMC専用のCD-ROMソフトも見せて頂いたり、8MHz-Hの力も見せて頂きました。内蔵の2HD対応ドライブも静かで良いですね。

cat20180331094540cat20180331104034

 

こちらの弾幕シューティングもかなりスムーズに動くんですよね~。

cat20180331161919

 

このレーザーで反射するディフレクターってゲーム、パズルなんですが、中々よく出来ていました。出てたの全然知りませんでした。MA2もあまり見ていなかったので、裏とかも現物見させて頂きました。MAとはレイアウトも違いますね。

cat20180331140027

 

 

カセットテープ時代のゲームからは幅広くいろんな物を見せて頂きました。自分はFRから88を使い出したので、初期のゲームもあまり知らなかったりします。8bit初期で音がBEEPだったりで、これはこれで味わいがありますね。

cat20180331124235cat20180331131343cat20180331152558

 

黒のFHですが、もの凄く綺麗な状態で持ち込まれていました。めっちゃ格好いいですね。裏も見せて頂きましたが、裏の板もノーマル機と色が違うそうです。

cat20180331093946cat20180331094039

 

定番のスタートレックも遊ばれていました。自分はMZで散々遊んでいましたが、最近プチコンでも作られてる方が居て、そちらを今でも遊んでいます。FHはカセットインターフェースもあり、サウンドボードIIが載ったこの黒FHはある意味最強の88かも知れませんね。

cat20180331122950

 

続きます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク