FC2ブログ

PC-9801DSにメモリー増設

何回もやり直したので、記事にするの忘れていましたので今更掲載です。

 

うちのPC-9801DSはメモリー640K+4MBの構成でした。1MBほどディスクキャッシュに割り振っているのですが、この状態だとWindows3.1が容量不足で起動できませんでした。で、増設メモリーを探していたのですが、ヤフオクでも中々見つからないか、有ってもめちゃくちゃ高かったです。

cat20171022145702

 

そんな中、ツイッターでフォローさせて頂いているsakohitiさんが、手持ちのメモリーを譲って頂けるとのことで、Mi68の際に頂いていました。毎回甘えさせて頂いてすいません。これでサクッとメモリーを刺してフルの12MB構成に!と思ったのですが・・・。

cat20171022150256cat20171022150441

 

どうやっても6MB以降は写真のような、エラーが出ます。メモリーの順番をかえてみたり色々したのですが、残念ながらどうやっても6MBまでしか増設出来ませんでした。設定か何か間違ってる程度なら良いのですが・・・。

cat20171022154827

 

ただしこの状態でもWindows3.1が起動できるようになり、目的は達成できました。でも、めちゃくちゃ遅いですね。自分が3.1を使い出したのは、PC-9801NS/Tと言う機種ですが、メモリー7.6MBで366SLの25MHz(オーバークロックしていました)です。その頃の印象よりやっぱり遅いです。

cat20171210194655cat20171210194712cat20171210194852

386SXはパワーアップがちょっとやっかいなのが難しいですね。このままだと、PCM音源も積んでいないので、Windowsでは音も鳴らせません。

もっとも、別に早い98は持っているので無理する必要は無いのですが、ついつい昔と同じで色々弄ってみたくなっちゃいますね。とは言え、DOSで使うにはこれ位のスペックでも問題無く使えています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

486と386だと劇的に速度違いますね。
最初の「ピーポ」の音の速度が違いましたw

386SX用の改造CPUがあったようななかったような・・・。

No title

386はピポで、486はピロって感じで早かったですよねw

でも、あれってベースクロックによっても、音が違ったりします。
33MHzのNdに75Mhzのアクセラレーターつけると、音が遅くなりましたw

386SXのはCPU貼り付け直すか、上からかぶせる奴ですが、あんまり無いのでオークションでも出てきたら高いんですよね~。同じシリーズのDAのM/B狙って入れ変える方が安いかもです。

でも、速度考え出すとPentiumタイプでも2千円前後で落ちたりするので、また最初の悩みに戻ったりします~。
プロフィール

CAT-2

  • Author:CAT-2
  • もっさりと更新します。

    メールはこちらへ


    Twitter
    twitter / X68000XVI
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク