FC2ブログ

第9回 マイコン・インフィニット☆PRO-68K その2

その1からの続きです。

 

YUMEKOBO

cat20191102112425cat20191102112713

元々はMZ-1500用のゲームだったそうです。この時期オリジナルのゲームを作られるのは凄いですよね。実機で動く所まで作るのは、古い機種だと簡単に行かないことも、ホント感心させられます。九州から遠征されているようでした。

 

野うさぎ亭

cat20191102112351cat20191102112355

東方のファミコン版の展示です。自分は最近のことは知らなかったのですが、会社の若者が」秋葉に東方のゲーム買いに行きたいので店知ってますか?」と聞かれました。戦艦ゲームのクランでも20代の人が遊んでるので、ホント浸透度が凄いゲームですよね。

 

B-Cat Software

cat20191102112321cat20191102112344

スーファミのジーコをひたすら奉納するイベントも、今回が最後らしいです。すさまじい数が集まったようですねw

CELIAのMSX版は箱のイメージで。今回は88も持ち込まれていました。

 

 

X1センター

cat20191102110523cat20191102110537cat20191102112156cat20191102112252

X1センターさんのミニチュア展示は、とうとうX1シリーズすべてが揃ったそうです。他機種も山盛り有るのでホントすごいことになっています。大きさが良い感じの大きさなので、迫力もあると思います。

シルフィードも88と全く遜色無い出来です。ソフトベンダーNAKERU.なんて、フロッピー書き出しサービスも行われていました。初代は外付けのドライブ(内臓ドライブから抜き出した物だそうですが)を増設されていました。最近は初代の明確なコンセプトと、初代ならでわの制限の中で色々遊ばれているそうです。ちなみに何台X1をお持ちかを聞いてみると、「コレクターじゃ無いのですが、検証用に一通り持っています」との事でしたw

展示されていたturboZが現役時代からずっと使われているとのことで、一番大事な機種らしいです。ゲームで遊ばせて頂いてありがとうございます。

 

プレイアブルコーナー

cat20191102112005cat20191102112002

プレイアブルコーナーには、FM-TOWNSII CXとX68000 SUPERで遊べるようになっていました。

目玉タウンズは捨てちゃいましたが、今はむしろ面白いですよね。CD-ROMめっちゃ遅いですがw

 

その3に続きます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク